logo

7月17日は東京の日 東京下町おやつの裏東京みやげ発表

株式会社大丸松坂屋百貨店 2019年07月03日 17時54分
From PR TIMES

7月10日(水)~/大丸東京店 1階・地階ほっぺタウン

1868年の7月17日に江戸が東京府に改称されたことから、東京の日とされています。東京駅に隣接する大丸東京店には東京の下町のお菓子9店舗を集めたゾーンがあります。東京駅にいながら下町の通なおやつが購入できるとリピーターが増え、売上は前年比5%増と好調です。そんな好調な「東京下町おやつ」の定番の「東京みやげ」とツウが知る「裏東京みやげ」をご紹介します。



麻布十番 豆源
【定番】おとぼけ豆 1袋 324円

[画像1: リンク ]

【裏】海老豆 1袋 324円
海老の香ばしい風味と塩味が後をひく美味しさです。
[画像2: リンク ]



駒込 中里
【定番】揚最中 1個 186円

[画像3: リンク ]

【裏】南蛮焼 1個 248円
それぞれメディアに取り上げられたことのある人気商品です。
[画像4: リンク ]


浅くさ中村屋 花の辻
【定番】浅草こげ煎(24枚入り) 1,080円

[画像5: リンク ]

【裏】おかき七草(20本入り) 756円
もち米とうるち米を使用し、選び抜かれた8つの味わいが楽しめるおかきです。
[画像6: リンク ]


日暮里 羽二重団子
【定番】羽二重団子(4本入り) 1,251円

[画像7: リンク ]



【裏】プティもなか(6個入り) 896円
可愛らしい一口サイズの最中。箱入りはちょっとしたお土産に最適です。
[画像8: リンク ]


浅草 おいもやさん興伸
【定番】大学芋みやび(500g) 1,400円

[画像9: リンク ]

【裏】芋かりんとう(120g) 380円
香ばしいカリカリの食感はあとひくおいしさ。
[画像10: リンク ]


西巣鴨 土佐屋
【定番】いもようかん(5本入り) 1,510円

[画像11: リンク ]

【裏】水ようかん 1本 330円
中双糖(ザラメ)を使い、すっきりとしながらも深い甘さに。口の中でとろける味わい。
[画像12: リンク ]


赤坂 青野
【定番】赤坂もち(5個包) 1,080円

[画像13: リンク ]



【裏】豆大福 1個 248円
代々伝わる製あん方法で作った自慢のあんこをぜひご賞味ください。
[画像14: リンク ]


神楽坂菓寮
【定番】すず成りおこし(16袋箱入り、8種類、各2袋) 1,296円

[画像15: リンク ]



【裏】浅草のりおこし(4個入り) 464円
海苔の風味が口いっぱいに広がる人気の一品。甘さ控えめで男性の方にもおすすめ
[画像16: リンク ]


深川  伊勢屋
【定番】焼き団子(1本) 130円

[画像17: リンク ]



【裏】すあま 1個 130円
上新粉と上白糖で丁寧に作りあげました。もちっとしたやわらかさが自慢です。
[画像18: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]