logo

みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ――線の魔術 タイアップメニューのご紹介

株式会社東急文化村 2019年07月03日 15時40分
From PR TIMES

2019年7月13日(土)~9月29日(日)まで、Bunkamura ザ・ミュージアムで開催される
「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ――線の魔術」を記念して、各飲食店、ホテルでは、本展のために作られたオリジナルタイアップメニューが続々と登場します。
展覧会鑑賞と合わせて期間限定の“食のコラボ”もお楽しみください。 
※表示価格はすべて税込金額



[画像1: リンク ]

■THE ALLEY(渋谷店、表参道店ほか関東地方全17店舗)

※タイアップメニュー期間:7/13(土)~9/29(日)
台湾発の本格派ティースタンド。THE ALLEY特製タピオカの“ディリオカ”が大人気。甘酸っぱい果実をふんだんに使った夏のコラボドリンクができました。

[画像2: リンク ]

★みんなのミュシャ ピンクグレープフルーツ&ピーチ734円
ピンクグレープフルーツのほろ苦さとピーチの甘みが絶妙に絡み合ったピンクのタピオカスムージー。すっきり飲みやすい適度な甘酸っぱさが軽やかに口の中で踊り出します。
[画像3: リンク ]

★みんなのミュシャ キウイ&パッションフルーツ734円
キウイの果実感とパッションフルーツの風味がマッチしたさわやかなタピオカスムージー。さっぱりした味わいが口の中を駆け抜ける、爽快感あふれるトロピカルな一杯。


[画像4: リンク ]

■オールデイダイニング「セリーズ」(コンラッド東京 28階)

※タイアップメニュー期間:7/13(土)~9/8(日) 
都会の喧騒から少し離れた落ち着いた空間で、期間限定のスイーツビュッフェをお楽しみください。

[画像5: リンク ]

「みんなのミュシャ」スイーツビュッフェ
1名様4,860円(サ別)
ミュシャの優美で幻想的な作品からインスパイアされた繊細で華やかなスイーツやセイボリーを取り揃えました。
スイーツはフランスの代表的なお菓子であるエクレア、カヌレ、マカロンなど全12種、セイボリーには、フランスのアール・ヌーヴォーをイメージした6種類をご用意。ミュシャが活躍した時代や、ミュシャが描いた世界を堪能できる魅力的なラインナップです。
*グラスシャンパーニュ付は5,400円(サ別)

[画像6: リンク ]

■ラ ブラスリー(帝国ホテル東京 タワー館地下1階)
※タイアップメニュー期間:8/1(木)~9/4(水)
「ラ ブラスリー」は、アール・ヌーボー調のインテリアをふんだんに取り入れ、本場パリのブラスリーの設えが特徴。店内にはミュシャの原画をもとに作られたフランス製のタイル画が正面の壁面に飾られています。
杉本雄第14代東京総料理長が創作した夏らしいコースメニューの中には出展作品をイメージした料理2品が含まれています。また、オリジナルカクテルもお楽しみいただけます。


[画像7: リンク ]

特別コースメニュー13,500円(サ別)の一部
★左:とうもろこしの冷製スープ もっちりフォワグラとフヌイユを添えて
ミュシャ作品《舞踏―連作<四芸術>より》のイメージで創作した冷製スープ。
★右:ハーブを着飾ったサーモンの“ベルヴュー”仕立て ソーテルヌワインのジュレと共に
ミュシャ作品《モナコ・モンテカルロ》をオマージュした冷前菜。作品の繊細な美しさを一皿に表現しました。

[画像8: リンク ]

★カクテルシャンパーニュ
“旅心” 2,000円(サ別)
旅への期待感や旅心そのものを乙女の夢見るような表情で表現した《モナコ・モンテカルロ》を、リンゴジュース・キウイシロップにシャンパンを注いだ夏らしい爽やかな味で表現しました。


[画像9: リンク ]

■ドゥ マゴ パリ(渋谷・Bunkamura 1階/地下1階)
※タイアップメニュー期間:7/13(土)~9/29(日)
パリのエスプリと芸術の香り漂うモダンフレンチを提供。さまざまなシーンに合わせたメニューをご用意しています。
[画像10: リンク ]


★オマール海老とホタテのポワレ 甲殻類のソース
ドゥマゴベーカリーのバゲット付き 3,500円
シンプルにポワレしたオマール海老とホタテを、ミュシャ作品の特徴でもある繊細さ、華やかさをイメージし盛り付けた一皿。
*ランチタイム コーヒーor紅茶付き


[画像11: リンク ]


★クレームダンジュ
カシスアイスと彩り最中を添えて 1,400円
柔らかな色彩で描かれるミュシャ絵画をイメージしたデセール。*ドリンクセット1,800円


[画像12: リンク ]

★ハーブソルティードッグ GREEN/PINK NON ALC. 各1,000円 ALC. 各1,200円
GREENは、キウイとグレープフルーツの甘酸っぱさ、ハーブソルトのスパイスを感じる爽やかな味わい。
PINKは、ほのかな酸味としっかりとした甘味を感じられるピンクグレープフルーツとハーブソルトのスパイスがマッチ。
[画像13: リンク ]

★祈葉(KIYOU)/桜舞(ORB)各1,100円
祈葉は《モナコ・モンテカルロ》をイメージしたグリーンカクテル。見た目からは感じられない、オレンジをふんだんに使用。
桜舞は桃とラズベリーに自家製のアップルシロップを合わせた、桜のような淡いピンク、心地よい甘さに魅了される1杯。《舞踏―連作<四芸術>より》の華やかに舞う姿をベルローズとアップルピールで。

[画像14: リンク ]

■ロビーラウンジ(渋谷・Bunkamura 1階)
※タイアップメニュー期間:7/13(土)~9/29(日) 
こだわりのドリンクや軽食、デザートをお楽しみいただける「ロビーラウンジ」。ランチにはテーブル席、ティータイムにはソファー席と、その日のシチュエーションや気分に合わせて、くつろぎの時をお過ごしください。
[画像15: リンク ]


ミュシャ風 3種のテリーヌ(ミニスープとパン付)1,800円
海老と雲丹のテリーヌ、蟹と野菜のテリーヌ、チーズ入りミートテリーヌの3種類の色とりどりのテリーヌをご用意しました。それぞれのテリーヌにあわせてジェノベーゼソース、トマトソース、粒マスタードソースをあしらいました。お皿の上で色のコントラストをお楽しみください。
*ランチタイム コーヒーor紅茶付き


展覧会基本情報
[展覧会名]みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ――線の魔術
[会場]Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷・東急本店横)リンク
[会期]2019年7月13日(土)―9月29日(日)
*7月16日(火)、7月30日(火)、9月10日(火)のみ休館
[開館時間]10:00-18:00*毎週金・土曜日は21:00まで*入館は各閉館時間の30分前まで
[主催]Bunkamura、ミュシャ財団、日本テレビ放送網、BS日テレ、読売新聞社
詳しくは公式ホームページをご覧ください。
[展覧会公式ホームページ] www.ntv.co.jp/mucha2019/
[画像16: リンク ]


[画像17: リンク ]

[画像18: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]