logo

ブロックチェーン企業ステイク、Web3 Foundationの公式支援する「世界22企業」の1社へ

Stake Technologies株式会社 2019年07月03日 09時40分
From PR TIMES

ステイクの開発するプロダクトPlasmがWeb3 Foundationより公式な支援を獲得しコミュニティと協業を開始!

ステイクテクノロジーズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:渡辺 創太、以下「ステイク」)は世界的なブロックチェーン財団、Web3 Foundation(本社:スイス ツーク)が進める金銭・技術的な支援プログラム「Web3 Foundation Grants Wave2」に選出されました。過去、同プログラムに選出された企業数は弊社を含み世界で22社(2019年7月現在公開されている企業数 Wave1で12社、Wave2で10社)であり、Web3のビジョンを実現させるべくプロトコルの研究開発を行います。




[画像1: リンク ]

■ Web3 Foundationについて
Web3 FoundationはEthereumの共同創業者であるGavin Wood氏を中心に、現在のWeb2の先にある分散型のウェブ(Web3)の構築を目指す財団です。Web3 Foundationの主導するプロジェクトであるPolkadotは異なるブロックチェーンを繋ぐ共通基盤となることを想定しており、世界で注目を集めています。

Web3 Foundation: リンク

■ ステイクの開発するPlasmについて


[画像2: リンク ]

Plasmはステイクの開発するモジュール(カスタマイズ規格)です。ブロックチェーンのフレームワークであるSubstrateにPlasmを追加することにより、開発者はトランザクションにおける処理性能の高いブロックチェーンプラットフォームを形成することができるようになります。パブリックブロックチェーンの抱える最大の課題であるスケーラビリティー問題を解決し、ブロックチェーンの社会実装を推進することで業界の発展に寄与します。

GitHub: リンク
Plasmとはなにか?:リンク
Twitter: リンク

■ ステイクの今後の方針について 代表取締役 渡辺コメント
「世界的なブロックチェーン財団であるWeb3 Foundationと、より強固な協力関係を築き、分散型ウェブであるWeb3の実現にむけてプロダクトを開発とWeb3の啓蒙活動をしていきます。具体的には、ブロックチェーン最大の問題であるスケーラビリティの解決に向けて弊社のプロダクトであるPlasmの開発。そして周辺領域において、ブロックチェーンフレームワークであるSubstrateとRustのスマートコントラクト監査、Substrateを用いたtoB向け独自ブロックチェーン作成、Polkadotのステーキングなど事業を行います。将来的にはPolkadotのCosmosネットワークへの接続なども考えています。これからエコシステムと協働してブロックチェーンの社会実装を一層進めていきます。」

■ Web3 Foundationの支援プログラムについて
Web3 FoundationはWeb3のビジョン実現を目指す世界中の企業・プロジェクトを対象に金銭的、技術的な支援を目的とするプログラムを行っています。公開されている情報によるとWave1では12の企業/プロジェクトが選出されており、Wave2では10企業/プロジェクトが選出されました。

Wave1: リンク
Wave2: リンク

詳細はこちらをご覧ください:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]