logo

【鎌倉・逗子・葉山 SMART BEACH PROJECT 2019】スタート

鎌倉・逗子・葉山海水浴場マナーアップ推進協議会事務局 2019年07月02日 18時22分
From PR TIMES

今年で5年目!!“みんなが安心して楽しめる海水浴場=SMART BEACH”を目指す 鎌倉市・逗子市・葉山町共同の取り組み

神奈川県鎌倉市(市長:松尾崇)、逗子市(市長:桐ケ谷覚)、葉山町(町長:山梨崇仁)の2市1町は、キレイな砂浜と美しい海、思いやりをもった利用者でにぎわい、そこに住む人、働く人、遊びに来る人…すべての人々が安心して楽しめる海水浴場を取り戻すために、3自治体が一体となりマナー向上プロジェクトを推進しております。
今年で5年目となる【SMART BEACH PROJECT 2019】は、引き続き海水浴場での飲酒マナーの向上を目指し、 6月28日(金)~ 8月31日(土)を会期として実施します。



[画像1: リンク ]

                   ▲3本の波線で2市1町を表したロゴマーク

■取り組み概要■

[画像2: リンク ]

本プロジェクトでは、海水浴場での「お酒」「入れ墨」「音」等のマナー向上に取り組んでいますが、その中でも「飲酒マナーの向上」を重要課題としています。
飲酒のルールは2市1町で異なり、鎌倉・逗子・葉山ともに海の家ではお酒を楽しんでいただくことができますが、鎌倉・逗子は砂浜での飲酒は禁止、葉山は適量であれば禁止ではありません。ただ、本プロジェクトでは、細かいルールを伝えるよりも、周囲への配慮をもって楽しむ飲み方を“SMARTな飲み方=スマ飲み”を訴求していきます。
                  ▶「スマ飲み」を訴求するポスター


■プロジェクト発足にいたる経緯■
  
近年の神奈川県下の海水浴場では、利用者の増加にともないマナーの悪化が目立つようになり、ファミリー層の減少や、地元住民からの苦情が相次ぐという問題が起きていました。各市町ではそれぞれにビーチの利用ルールを一部改正する等の対策を行い一定の効果はあったものの、厳しくなったルールだけが話題となり、本来のメッセージが利用者に十分に伝わりませんでした。
そこで、隣接する2市1町が集まり、 “みんなが安心して楽しめる海水浴場=SMART BEACH”とし、マナーの向上と、SMART BEACH実現に向けて、2014年に協議会を立ち上げ、2015年より本プロジェクトをスタートさせました。

■FMヨコハマの番組でプロジェクトを訴求■


今年も期間中、FMヨコハマの人気番組「SHONAN by the Sea」内に「B3PO with SMART BEACH PROJECT」コーナーを設け、鎌倉在住のウクレレユニット“小川コータ&とまそん”が、 SMART BEACH PROJECT FMヨコハマ公式サポーターとして、毎週海水浴場からマナーやイベント情報等を首都圏・湘南エリアのリスナーにお届けします。
また、プロジェクトのキックオフにあわせ、7/3(水)にはFMヨコハマの番組内に自治体担当者が出演し「SMART BEACH PROJECT」をPRする特集を展開。その他、7月中には鎌倉市・逗子市・葉山町の首長の番組生出演も予定しています。
[画像3: リンク ]


【SHONAN by the Sea】
 ●O.A日時:毎週日曜日 6:00~9:13
 ●担当DJ :秀島史香、小川コータ&とまそん
 リンク

鎌倉市・逗子市・葉山町の2市1町は、本プロジェクトを通じて、あらゆる世代のあらゆる立場の人々が、“自分のことだけではなく、他人を思いやる気持ちを持ちながら楽しむ“という想いを共有し共存する日本一のビーチを目指してまいります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]