logo

聴きたいのは、心動かす、魅せる歌声。「JOYSOUND全国カラオケ大会2019」 決勝大会に、全国の精鋭が集結!



株式会社エクシング(本社:名古屋市瑞穂区、代表取締役会長兼社長:水谷 靖)は、6月30日(日)、品川 ステラボールにて「JOYSOUND全国カラオケ大会2019」の決勝大会を開催しました。
[画像1: リンク ]


“ひと度マイクを握れば、部屋の空気が変わる““歌い始めで心奪われる“そんな人々の心を動かす、魅せる歌声を持ったパフォーマーを探すべく、JOYSOUND公式カラオケ大会として第一回目となる2018年に続き、今年も全国規模で開催された「JOYSOUND全国カラオケ大会2019」。

その頂点をかけた決勝大会のステージには、全国20会場22回に及ぶエリア選考会や、「うたスキ動画」をはじめとした音源選考などを勝ち抜いてきた、総勢61組の精鋭たちが集結。今回は、昨年の優勝者である益田勝志さんをはじめ、昨年から今年にかけて国内で開催された全14のカラオケ大会の優勝者も出場。甲乙つけがたい歌唱力で、前年を上回るハイレベルな熱戦を繰り広げました。
[画像2: リンク ]


その中で、全国の頂点に輝いたのは、海蔵亮太「愛のカタチ」を、心に語りかけるような繊細で透き通った歌声でしっとりと歌い上げ、観客を魅了した下尾 礼子さん。激戦区となった大阪府/淀川1.のエリア選考会を優勝で勝ち抜き、決勝の舞台でも見事優勝賞金100万円と副賞にダイアモンド・プリンセス クルーズの旅を手にしました。まだ高校一年生という下尾さんは感極まった様子で涙を浮かべ、「人生で一番うれしいです。」という喜びの声とともに、歌手になれるとしたら「人々に感動や想いを伝えられる歌が歌いたい」と抱負も語りました。
[画像3: リンク ]


【受賞者】
・優勝 下尾 礼子 (大阪府/淀川1.) 海蔵亮太「愛のカタチ」
・準優勝 河野 花心 (福岡県/博多) KOKIA「歌う人」
・優秀歌唱賞 小野 恵介 (埼玉県/大宮) 暮部拓哉「HANA」
※このほか、上記受賞者を含む敢闘賞10名、特別賞5名は特設ページにて発表しています

当社では、「JOYSOUND全国カラオケ大会」の開催を通じて、歌うことの気持ちよさや楽しさをより多くの方に広げていくと共に、カラオケ市場全体の活性化を図って参ります。今後の展開にご期待ください。

▽特設ページ:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]