logo

H.264 エンコーダ/デコーダ(最大 4K 対応)

HDMI からの映像を距離の制限なく延長・分配

■ インターネット越えで世界中どこへもリアルタイム配信
■ ビデオウォールでの拡大表示対応(最大256枚のモニタ)
■ H.264エンコードにより低帯域で伝送
■ マルチキャストモードで効率よく配信
■ TS over RTP / TS over UDP に対応
■ RTSP コマンドをサポート



[画像1: リンク ]

ブラックボックス・ネットワークサービス株式会社(東京都港区港南1-8-40、ジェネラルマネージャー:福本高一郎)は HDMI の映像ソースを拠点内のみならず、インターネットの先にある遠隔拠点へリアルタイムかつ簡単に配信可能な H.264 エンコーダ/デコーダの販売を本日より開始します。 本製品を利用することで、ショッピングモールやアパレル・飲食店での写真や動画を使ったデジタルサイネージの構築や、企業・工場・倉庫内などにおけるメッセージ配信や情報共有を行うシステムの構築が簡単に実現できます。


  リンク

1. 特長
・最大4K 映像を距離の制限無く延長・分配
HDMI 入力からの 最大 4K 30Hz までの映像を IP プロトコルに変換し、LAN ケーブルにて伝送することで、HDMI ケーブルの長さの制限を超え、かつ複数に分配することができます。

・世界中どこへもリアルタイム配信
H.264 でエンコードすることにより、低帯域(2Mbps~30Mbps)でありながら、映像品質を大きく損なうことなく伝送することが可能です。これにより既設の業務ネットワークを共用した配信やインターネットを超えた配信を実現します。

・最大 256 枚のビデオウォール
最大で 16 枚 x 16 枚のモニタを組み合わせ 256 枚のモニタをビデオウォールとして拡大表示することができるので、ショッピングモールやスタジアム、空港や駅などで一際目立つデジタルサイネージが構築できます。またマルチキャストモードでの配信のため、ネットワークへの負荷を最少に抑えます。

・複数のプロトコルをサポート
TS over RTP / TS over UDP での伝送や RTSP コマンドによるセッション制御にも対応しています。


2. ご利用例

[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



3. 主要な利用場所

[画像5: リンク ]


4. 製品情報
型番:VS-2001-ENC(エンコーダ) / VS-2001-DEC(デコーダ)
価格:各128,000円(税別)
仕様:下記のサイトからご確認ください。
  リンク

【Black Box Corporation について】
1976 年の創立より IT ネットワークの「延長」「分配」「切替」「変換」を事業の軸に、それぞれ異なる課題や要件に最適な機器とサービスを提供、お客さまのビジネス拡大に寄与してきました。2019 年 1 月より AGC Networks Ltd の完全子会社となり、引き続き米国ピッツバーグを本拠地とするネットワークのエキスパートとして、これまで以上に市場ならびにお客さまへ付加価値を提供すべく活動していきます。
日本市場においては、1988 年の日本法人設立より 30 年間、ブラックボックス・ネットワークサービス株式会社が Black Box 製品のセールス・マーケティング・サポート活動を実施しています。

【お問い合わせ先】
ブラックボックス・ネットワークサービス株式会社
東京都港区港南 1-8-40 A-PLACE 品川 3F
Tel: 03-5769-3855
Email: info.jp@blackbox.com
Web: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]