logo

Oisixの保育園向け宅配サービス、子どもたちに豊かな食体験を提供 お散歩カート贈呈式&園児が主役のマルシェを開催

オイシックス・ラ・大地株式会社 2019年07月01日 15時00分
From PR TIMES

すでに351園が導入:Oisixの保育事業向け食材宅配サービス

安心安全な農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配を展開するオイシックス・ラ・大地株式会社 (本社:東京都品川区、代表取締役社長:高島 宏平)が提供する「保育事業向け食材宅配サービス」では、株式会社テノ.コーポレーション(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:池内 比呂子)が運営する認可保育所「ほっぺるランド上落合」において、2019年6月29日(土)、オリジナルデザインのお散歩カートの贈呈式を行うとともに、園児が八百屋さんを体験できるマルシェを開催しました。



[画像1: リンク ]


■351園でご利用いただいています:Oisixの保育事業向け食材宅配サービスについて

 当社は2015年より保育園施設への給食向け食材販売をスタートし、2019年3月時点で351園が導入しています。専用の受発注システムを導入し、食材、必要人数、納品日を入力いただくだけで受発注を完了できるようにしました。また2017年2月からは、同システムを導入いただいた保育園に管理栄養士による献立提供と栄養相談のサービス提供を無償で行っています。
 このたび給食以外でも園児に豊かな食体験を提供するため、オリジナルのお散歩カート贈呈とマルシェを行いました。
[画像2: リンク ]


[画像3: リンク ]


[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]


■ 実施の背景
 共働き世帯の増加に伴い深刻な社会問題となっている待機児童の解決策として、認可保育園だけではなく地域の小規模保育園も増えつつあります。その中で保育園施設の運営側では、園児への給食提供において栄養士や調理師の人材が確保できないことなどから、現場スタッフが兼務で献立作成や調理を行うなど、業務負担が増えてしまっているという現状があります。
 当社では、Oisix基準の安心・安全な離乳食~幼児食食材を自社開発・安定供給しており、給食向け食材のお届けに合わせ、献立の作成や栄養相談といったサービスを無償で提供することで、保育園側の負担を軽くし、充実した施設運営を実施するためのサポートを行なっています。
 あわせて保育園施設への食育のサポートも推進しています。野菜の生育をテーマにした紙芝居の配布、ハロウィンかぼちゃといった季節イベントの提案や、契約生産者の産地での収穫体験、食育学習なども相談に応じて実施し、保育園にお子様を預けるパパ・ママにもご好評をいただいてきました。


[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]



ほっぺるランドについて
ほっぺるランドは、株式会社テノ.コーポレーションが運営している保育施設です。会社名の「テノ.」には、手の温もりまでも伝えたいという思いが込められています。お子様に安全な環境の中で身体的・精神的発達が得られる温かい保育サービスを提供します。

オイシックス・ラ・大地株式会社について
 オイシックス・ラ・大地株式会社(代表:高島宏平)は、有機・特別栽培野菜、添加物を極力使わない加工食品など安心・安全に配慮した食品の宅配サービスを「Oisix(おいしっくす)」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」の3ブランドにて提供しています。
 また、買い物難民を支援する移動スーパー事業「とくし丸」も順調に事業を拡大しております。当社は「これからの食卓、これからの畑」を理念に掲げ、食に関する社会課題をビジネスの手法で解決する事業を推進しています。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]