logo

ALSI、SSL通信の監査機能を強化したWebフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter Ver. 9.1」を7月1日より販売開始

アルプス システム インテグレーション株式会社 2019年07月01日 14時30分
From PR TIMES

- A10 Thunder CFWとの連携強化で低コスト・ハイパフォーマンスな情報漏洩対策が可能に -

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、Webフィルタリングソフト「InterSafe WebFilter」(インターセーフ ウェブフィルター)」をバージョンアップし、2019年7月1日より販売開始することを発表いたします。



[表1: リンク ]



■バージョンアップの背景
 より安全なWeb利用を実現するために、今日ではWebアクセスにおけるHTTPS化(SSL化)が急速に進んでいます。その一方で、通信内容を復号しない限り、セキュリティチェックができない状況を逆手にとり、暗号化された通信を悪用することで攻撃を隠蔽し、セキュリティ製品による検知を逃れる巧妙な新種のサイバー攻撃も増加しています。
 政府のサイバーセキュリティ戦略本部が発表している「政府機関等の情報セキュリティ対策のための統一基準(平成30年度版)」においても、暗号化通信の監査に関する要件が重要視されており、SSL通信の可視化ならびに制御への対応が急務である一方で、その対策に係るコストやパフォーマンスの担保も課題となっています。
 このような課題に対応するため、ALSIは、パフォーマンスを損なうことなく、かつ低コストにSSL通信の監査を強化し、多様化するWebアクセス環境における多角的な情報漏洩対策を実現するWebフィルタリングソリューションとして、「InterSafe WebFilter」の機能を強化いたします。

■バージョンアップによる機能強化ポイント
 この度のバージョンアップでは、A10ネットワークスが提供する高性能なSSL可視化機能を擁するハイパフォーマンスセキュリティプラットフォームA10 Thunder CFWとの連携強化による強固なSSL通信内容監査機能の提供、管理者側からのアクセス制御によるシャドーIT(私的Webサービス利用)対策の強化を図ったほか、未分類サイトに対する無害化を実現するWeb Isolation製品との連携が可能となり、最新のWeb利用動向に対応した、強固で多角的な情報漏洩対策を実現します。

1. A10 Thunderとの連携強化による、低コストでハイパフォーマンスなSSL通信監査機能の提供
[画像1: リンク ]

 InterSafe WebFilterのHTTPS解析機能は、復号処理の高速化により、パフォーマンスを損なうことなくSSL通信の監査が可能です。また、費用対効果に優れ、高いSSLトラフィック復号処理性能を提供する「A10 Thunder CFW」と連携することでさらなる高速化を実現し、大規模ユーザ環境でも効率化したサーバー構成で運用が可能となります。
 
 この度の機能強化により、「A10 Thunder CFW」との連携環境下においても、SSL経由で暗号化されアップロードされたファイルや、書き込み内容の監査が可能となります。これにより、万一の情報漏洩が疑われる場合にも、POSTログの解析による復元・内容確認が可能となり、強固な監視と迅速なインシデントへの対処を実現します。

2. Webサービス利用のアカウント単位での制御による、シャドーIT対策の強化
 HTTPリクエストヘッダに、特定サイトアクセスに関する任意の文字列を付加する機能が搭載され、システム管理者において、Webサービス利用のアカウント単位での制御が可能になりました。
 これにより、多くの企業が利用しているGoogle AppsやDropboxなどの各クラウドサービスにおいて、会社契約のWebサービスのみ利用を許可し、個人契約のWebサービス利用を禁止することが可能となり、シャドーIT対策を実現します。

3. Web Isolation(分離・無害化)製品※1との連携による、Web閲覧の安全性向上
 InterSafe WebFilterによるWebアクセス制御に加え、Web Isolation(分離・無害化)製品との連携により、新たな脅威が含まれている可能性のある未分類サイトへのアクセスを分離・無害化し、Web閲覧を妨げることなく安全で統制されたインターネット環境を実現します。

■A10 Thunder CFW (A10ネットワークス株式会社)
企業サイト:リンク

[画像2: リンク ]

「A10 Thunder CFW(エーテン サンダー シーエフダブリュー)」は、高性能なSSL可視化機能をはじめとする複数の集約型セキュリティソリューションを1Uの筐体に統合した、ハイパフォーマンスセキュリティプラットフォームです。SSL可視化機能は、HTTPS化されたWebサイトにおいても、HTTPS暗号解除・再暗号化を高速で処理することが可能なため、パフォーマンスを損なうことなく普段通りの操作性
で、Webアクセス制御を行うことができます。

本ニュースリリースに際して、A10ネットワークス株式会社様より次のエンドースメントをいただいております。

[表2: リンク ]



※1:動作確認済みWeb Isolation製品:「EricomShield(開発元:Ericom Software Ltd.)」
※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]