logo

三菱UFJファクター スマホでできる、コンビニ収納サービス「マイペイメント」を開始

三菱UFJファクター 2019年07月01日 14時19分
From PR TIMES



三菱UFJファクター株式会社(東京都千代田区 三菱UFJ銀行 100%子会社)は、従来、郵送していた請求書(払込票)の代わりに、コンビニエンスストア店頭でスマートフォン画面に表示したバーコードを提示することで、公共料金をはじめとしたさまざまな料金の支払いを可能とする「マイペイメント(※)(リンク)」のサービスを開始しました。
※「マイペイメント」はNTTインターネット社が提供する決済サービスです。

■サービス開始の背景
従来のコンビニ収納では、代金を回収する企業は、請求書を印刷して顧客に郵送し、顧客は請求書を持ってコンビニで支払いを行っています。
そのため、以下のような課題がありました。
★印刷が大変
自前のプリンターで印刷すると、紙代・インク代・電気代それに時間がかかる。
★郵送が大変
郵便代がかかる上に、住所が正しくないと届かない、配達時間もかかる。
★請求書がないと支払いできない
出張中や旅行中で請求書を受け取ってないと支払えない。
公共料金や代金引換の場合など、早く支払いたいものもあるのに・・・。
★コンビニは紙の受領証を発行しないといけない
金額が大きいと印紙税がかかってしまう。
[画像1: リンク ]

■「マイペイメント」とは
そこで、スマートフォンにコンビニ収納用のバーコードを表示し、レジにて読み取ってもらうことで、この課題を解消できるようにしました。
☆請求情報は画面にインプット
請求情報入力画面に入力するだけでOK。
☆請求情報は顧客のスマートフォンに送信
SMSや電子メールで請求情報のURLを送信するので、郵送の手間・時間・コストがかからない。
住所が分からなくても送信可能。
☆スマホ画面を提示するだけで支払い可能
スマホを持っていればいつでも支払い可能。
出先で受信した場合でも問題なし。
☆電子領収書を発行
電子領収証なので印紙税は不要。
[画像2: リンク ]

           URL : リンク
このように、マイペイメントを利用することによって、代金を回収する企業は、紙の払込票の作成・発送が不要となり、請求の通知から入金の確認までの時間を短縮できます。また、払込票の紛失・破損による再発行の必要もありません。
支払いをする側でも、普段から持ち歩いているスマホがあれば支払いをすることができるため、急ぎの支払いをしたい時にも助かります。
公共料金や通販の代金引換支払いのように、請求者も支払者も早く確実に支払を行いたい場合、マイペイメントが役に立ちます。

利用者は、送られたURLをタップするだけでバーコードが表示されます。
また、特別なアプリのインストールは必要ありません。
[画像3: リンク ]

マイペイメントは2019年7月現在、ミニストップ、コミュニティ・ストア、一部MMK設置店での取り扱いが可能です。順次利用可能コンビニは拡大して参ります。

【三菱UFJファクター株式会社について】
三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の一員として、お客さまのモノやサービスの動き、
資金の流れといった”商流”を、与信管理や債権保全、売上代金回収、支払事務合理化といった
さまざまな形でサポートしています。
口座振替を始め、コンビニ収納など多様な決済サービスを提供し、企業の代金回収の合理化や
コスト削減に貢献しています。
30年以上の実績と信頼で、企業に最適な総合決済ソリューションを提案してまいります。

【関連URL】
三菱UFJファクター株式会社 コーポレートサイト 
URL : リンク
代金回収サービス  
URL : リンク

【サービスに関するお問い合わせ先】
三菱UFJファクター株式会社
決済営業企画部 デジタル決済商品開発室
TEL03-3251-8421   FAX 03-3251-8924

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]