logo

【JAF九州】大雨のため冠水によるロードサービス救援要請が急増!~冠水路に遭遇したら安易に進入せず、迂回しましょう~

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】 2019年07月01日 19時40分
From PR TIMES

一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)九州本部(本部長 金野 誠)は、南部九州で降り続く大雨の影響によるロードサービス要請件数をまとめました(速報値、6月30日0時~7月1日17時)。



短時間で局地的に激しい雨が降ったため車両が冠水・水没したことによる救援要請は九州で45件、県別内訳は鹿児島25件、宮崎4件、熊本16件です。中には、冠水路(=水があふれた道路)を走行したことが原因と思われる事例もみられました。

これを受けJAF九州本部では、下記のとおり注意ポイントをまとめました。これから梅雨末期や台風、ゲリラ豪雨等による大雨の時期を迎えますので、クルマの浸水トラブルには十分お気を付けください。

***************************************************
大雨・集中豪雨時にクルマの浸水トラブルを防ぐポイント
1 大雨・集中豪雨の際はなるべく運転を控えましょう
視界や見通しが悪く危険です。運転する場合は決して無理をしないでください。

2 周囲より低い位置にある道路は避けましょう
地下道やアンダーパス(鉄道などの下を通過する道路)は低い位置にあり、水がたまりやすいため、短時間で水位が上昇する恐れがあります。

3 冠水している道路は避けましょう
比較的水深が浅く(5~10cm程度)ても、水面下の様子は分かりにくく落輪等の危険性が高まります。

4 クルマの保管場所は安全ですか?
周囲より低い駐車場には水がたまりやすいので、安全を確保した上で状況を確認しましょう。

5 万が一、乗車中に浸水してしまったら?
冠水により窓やドアが開かない時やシートベルトがはずれない時のため、ガラス割りハンマーやシートベルトカッターを車内に常備しましょう。
***************************************************
[画像: リンク ]



▼参考資料
JAFユーザーテスト:水没関連
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]