logo

アジレント・テクノロジー、LCユーザー向けにインテリジェントLC/MSシステムを発表

アジレント・テクノロジー株式会社 2019年07月01日 13時40分
From PR TIMES

各種スマート機能を組み込んだ直観的に使用できるLC/MS



[画像: リンク ]

アジレント・テクノロジー株式会社(社長:合田 豊治、本社:東京都八王子市高倉町9番1号)は、当社の液体クロマトグラフ質量分析計 (LC/MS) 製品群の最新モデルを発表します。今回発表の「Agilent InfinityLab LC/MSD iQ システム」(以下、「InfinityLab LC/MSD iQ」)は、スマートな機能、ソフトウェア、ハードウェアを設計に組み込んだシステムです。直観的に使用できる設計となっており、質量選択検出器から得られる分子量関連情報を利用できるため、研究者やクロマトグラフィー分析者は多大な利点を得られます。

InfinityLab LC/MSD iQ には、機器の状態を監視するインテリジェントなモニタリング機能が組み込まれています。搭載センサーが収集、表示するデータによって、システムの準備状況、ステータス、機器構成を迅速に理解・判断できます。この機器に組み込まれたシステム適合性チェック機能により、テスト試料を使用して、データの測定前にLC/MS システム全体の評価が可能です。ラボマネージャーは、アーリーメンテナンスフィードバック機能(EMF)を用いて定期メンテナンスのスケジュールを決定することで、ラボ全体の生産性向上にフォーカスできるようになります。

InfinityLab LC/MSD iQ システムの上に、アジレントの InfinityLab HPLCのモジュールを積み重ねることができるため、貴重なラボのスペースを節約できます。重ねたまま保守点検ができるため、機器のメンテナンスや部品交換を手軽に行えます。新しいAgilent InfinityLab フレックスベンチ MSを使用すると、あらゆるシステムコンポーネントの移動やモジュールごとの取り付けが可能になり、全システムエリアへ楽に手が届くため、スペースやレイアウトの変更に対応できます。また、フレックスベンチ MS に統合された廃液の管理やポンプの動作音低減のためのソリューションにより、ラボ環境も改善します。

アジレントの OpenLab CDS ソフトウェアを活用した InfinityLab LC/MSD iQ のルーチン操作では、非常に効率的で信頼性に優れたデータ測定、解析、レポート作成が可能です。使いやすさとデータインテグリティに重点を置いて開発されたオールインワンシステム InfinityLab LC/MSD iQは、メソッドのセットアップをより簡単にする自動取り込み (Auto-Acquire) モードなどの新機能によって、MS データ取り込みの複雑さを解消します。

アジレントの質量分析事業本部 バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーであるモンティ・ベネフィール (Monty Benefiel) は次のように語っています。
「アジレントの新たな LC/MS は、これまで以上に詳細なデータを生成し、使いやすく、スペースをとらない設計で、インテリジェンスが組み込まれています。クロマトグラフィーラボはこの機器を活用することで、煩雑さを排除し、生産性を向上させつつ、確実な分析結果を得られます。InfinityLab LC/MSD iQ システムは、堅牢で信頼性に優れた質量スペクトルのルーチン測定を、きわめて簡単かつ迅速に実現します。」

InfinityLab LC/MSD iQ とともに、アジレントの MassHunter WalkUp ソフトウェアの新バージョンもリリースされます。オープンアクセスの創薬ラボやケミカルラボ向けに、医薬品研究者と共同で開発された新バージョンの MassHunter WalkUp は、タッチスクリーンに対応したインタフェースを備え、分析やレポートがあらかじめ設定されています。単純なサンプルサブミットを今まで以上に効率化でき、オペレーターはほぼトレーニングなしで直観的に使用することが可能です。

アジレント・テクノロジーについて
アジレント・テクノロジー (NYSE:A)は、ライフサイエンス、診断、応用化学市場におけるグローバルリーダーです。50 年以上にわたる知見と技術革新にもとづき、機器、ソフトウェア、サービス、ソリューション、人材により、お客様が抱えるきわめて困難な課題に信頼できる答えをお届けします。2018 年度の売上高は 49 億1000万米ドルでした。従業員は全世界で 15,550 人となります。アジレント・テクノロジーの情報は、リンク でご覧ください。アジレントの最新の情報を得るには、Newsroom.を購読してください(英語)。Linked In、Twitter 、Facebook. でアジレントをフォローしてください(英語)。日本語のTwitterアカウント (AgilentChem_JP および AgilentLife_JP) をフォローしていただくと、日本語で情報をご覧いただけます。

マスコミ関係者の皆様: 技術、地域貢献、役員等に関連する情報は、以下のウェブサイトでご覧いただけます。
リンク

# # #
お客様からのお問い合わせ先:
カストマコンタクトセンタ 電話:0120-477-111

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]