logo

Dr.Web 12.0 for Windowsに含まれるDr.Web Anti-rootkit APIをアップデート

Doctor Webは、Dr.Web Security Space 12.0、Dr.Web Anti-virus 12.0 およびDr.Web Anti-virus 12.0 for Windows File Serversに含まれる Dr.Web Anti-rootkit API (12.0.7.201906200) をアップデートしました。今回のアップデートでは発見されたエラーが修正されました。

###

Dr.Web Anti-rootkit APIでは、Cisco VPNソフトウェアを用いて Smart Tunnel を作成する際にエクスプロイト防止機能による誤検知が発生する問題が解決されました。
アップデートは自動的に行われます。

詳細は以下をご覧ください。
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]