logo

外国人材を採用する企業経営者必見!『日本のグローバル化は“日本語”からはじめなさい』が6月27日発売

株式会社エドベック(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長 バジル・トンクス)のバジル・トンクスの著書『日本のグローバル化は“日本語”からはじめなさい』がプレジデント社から出版されました。



~語学の達人が提案「日本語教育こそ、外国人材の安定雇用の鍵である!」~

 世界で習得が難しい言語の1つと言われる日本語。その教育が外国人材活用の大きな壁であり、鍵である!

 2019年4月施行の入管法改正により、日本国内における外国人材の雇用が大幅に増加することが予想されます。これに関連して成立された日本教育推進法では、受け入れ側の国や自治体・企業・学校において、日本語教育体制の整備が求められています。しかし、日本語教育には、人的資源・環境整備面で、まだまだ多くの課題を抱えているのが現状です。

 同書では、日本滞在27年、5カ国語を操る語学のスペシャリストが「日本の国内におけるグローバル化」という新たな視点で、外国人を雇用している企業経営者へ、日本語教育の現状と外国人材に対する日本語教育のヒントを提案します。巻末では、「グローバル共働時代の外国人材の活かし方」というテーマで、東洋大学 国際学部 教授 芦沢真五氏との対談を掲載しました。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

【著者について】
バジル・トンクス
株式会社エドベック 代表取締役社長

 1966年カリブ海の島国トリニダード・トバゴで生まれ、1969年カナダに移民。国籍はカナダとイギリス。トロント大学で中国史と中国語を専攻。ブリティッシュ・コロンビア大学大学院で東アジア研究と日本語を専攻する。同大学院在学中に、日本語に関心を持ち、日本に行くことを決意する。
 以後、英会話学校の教師、統括責任者、教材開発者、教師養成トレーナー、出版、校長など、幅広く英語教育に携わる。また、横浜国立大学・青山学院大学・NPO法人国際教育振興協会と共同で英語指導者育成eラーニングプログラム「Teyl-JAPAN」(J-SHINE認定講座)の開発。
 2017年より現職。一般社団法人全国外国語教育振興協会(全外協)の理事としても活躍。日本語、フランス語、英語、スペイン語、中国語に堪能。

【書籍概要】
書籍名 :「日本のグローバル化は“日本語”からはじめなさい」
発売日 :2019年6月27日
定価  :本体1,500円+税
サイズ :18.8 x 13 x 1.5 cm
発行  :プレジデント社 (2019/6/27)
リンク :リンク

【会社概要】
■社名   :株式会社エドベック リンク
■所在地  :神奈川県横浜市西区みなとみらい3-7-1 OCEAN GATE MINATO MIRAI 8F WeWork
■設立   :2001 年4 月2 日※創立時の法人から2 つの事業部門を分離し、設立。
■資本金  :21,000,000 円
■代表者  :代表取締役社長 バジル・トンクス(Basil Tonks)
■事業内容 :教材開発・販売事業 / 研修事業 / システム・サポート・ソリューション事業 / NPO 活動賛助事業

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]