logo

「棚橋選手から元気をもらった!」と話題沸騰。『カウント2.9から立ち上がれ 逆境からの「復活力」』発売即重版!Amazonランキング1位(「リーダーシップ」部門他)!!

新日本プロレスの絶対的エース、棚橋弘至選手の【逆境からの復活力】!



株式会社マガジンハウス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:片桐隆雄)は、現在のプロレスブーム復活!の立役者、新日本プロレス・棚橋弘至の新作『カウント2.9から立ち上がれ 逆境からの「復活力」』を2019年6月13日に発売いたしました。仕事や人間関係での悩みが吹き飛んだと評判を呼び、発売日当日に即重版! Amazonランキング(「リーダーシップ」「タ行の著者」部門)でも1位を獲得。挫折をしても、前向きに生きる力が身につく一冊です。

[画像1: リンク ]


【すぐに結果が出ない努力が、実は大きな意味を持っている】
ガラガラの会場、ブーイングの嵐、会社の身売り……。存亡の危機にあった新日本プロレスを支え続け、プロレスファンからの罵倒を乗り越え、不動のエースになった棚橋選手。一時は再起不能とまで言われたケガから、昨年、猛暑の東京・日本武道館で奇跡のような復活を果たした「100年に一人の逸材」は、逆境の中でもがきながらも、なぜリングに上がり続けることができるのか? 本書は、プロレス低迷期を乗り越え、絶望的なケガにも負けない棚橋選手が、自身の体験を平易な言葉で赤裸々に書いています。プロレスファンはもちろん、仕事やプライベートでなかなか前に進めないと悩む読者の背中を押してくれる内容が共感を呼び、好評を博しています。


【撮り下ろし写真+スペシャル漫画つき!】
激ししい試合では見られないやわらかな表情の棚橋選手や、色気のある棚橋選手のカットが女性読者の心をつかんでいます。また、『もし、棚橋弘至がサラリーマンだったら…』を描いた付録の漫画も人気です。
[画像2: リンク ]



【「感動した」「力をもらった」と30~50代の男女に支持され、発売当日に即重版!】
紀伊國屋書店が提供する「Publine」のデータによれば、本書の読者層は、30~49歳男性が30%、30~49歳女性が30%と、男女ともに人気があることが分かります。読者はがきのアンケートにおいても、「“今”のタナが十分詰まっている内容で、人生のヒントがたくさんあった」(38歳・静岡県・女性)、「棚橋さんの発する言葉にはとても“力”があり、いつも“力”をもらっています」(42歳・宮城県・男性)、「本文中の写真も良かったし、漫画が載っていたのも新鮮だった」(30歳・埼玉県・女性)、「棚橋選手の“生き様”のすごさを感じた」(37歳・神奈川県・男性)といった声をいただき、前向きに仕事やプライベートを頑張っていきたい、という人の多さがうかがえます。


【本書の内容】
(目次)
第1章【言葉の力】己にプレッシャーをかける
第2章【考え方】目標は“限界"の上に設定する
第3章【体調管理】リングで闘い続ける
第4章【40代の仕事】全力で業界を牽引する
第5章【チャレンジ】まだまだ知らないことがある

(項目)
●ダメだと思った瞬間… そこからが本当の勝負!
●「結果」を出すためには“人3倍”の努力をする
●ピンチは最大のチャンス! 目標を持って生きる
●「相手にケガをさせない」それが超一流の技術
●「反省」はしても、「後悔」はしない
●海外の二番煎じでは「国際化時代」を生き抜けない
●「損して得取れ」の精神で、逆境から立ち上がれ etc.


■著者プロフィール
[画像3: リンク ]


棚橋弘至(たなはし・ひろし)……新日本プロレス所属プロレスラー。1976年、岐阜県大垣市生まれ。立命館大学法学部時代はアマチュアレスリング、ウェイトトレーニングに励み、1999年、新日本プロレスに入門。同年10月10日、真壁伸也(現・刀義)戦でデビュー。その後、団体最高峰のベルト、IWGPヘビー級王座に何度も君臨。著書として『棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか』(飛鳥新社))などがある。


■書籍概要
書籍名 :『カウント2.9から立ち上がれ 逆境からの「復活力」』
著者  :棚橋弘至
発売日 :2019年6月13日 好評販売中
定価  :本体1,400円(税別)
サイズ :四六並製
発行  :株式会社マガジンハウス

リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]