logo

グリーンティーとフルーツを組み合わせた爽やかな新感覚が楽しめる夏の新商品「MACHI cafe Lipton フルーツインティーグリーン」発売

2019年6月25日(火)より 全国のローソンで

 ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社(本社:東京都目⿊区、代表取締役プレジデント&CEO:高橋 康⺒、以下「ユニリーバ」)と株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:⽵増 貞信、以下「ローソン」)は、ユニリーバの紅茶ブランド「Lipton」とローソンの店内淹れたてコーヒー「MACHI cafe(マチカフェ)」のコラボレーション商品として、グリーンティーに3種類のフルーツを配合した「MACHI cafe Lipton フルーツインティーグリーン」(税込380円)を、6月25日(火)より全国のMACHI cafe 導入のローソン店舗(13,442店:2019年5月末時点)で発売します。



[画像: リンク ]

 ローソンでは、2018年より「リプトン」と「マチカフェ」のコラボレーション商品を発売しています。コラボレーション商品第一弾「MACHI café Lipton フルーツインティー」は、毎年夏に開催している「Fruits in Tea専門店」の商品“フルーツインティー”をローソンで気軽にお楽しみ頂きたいという思いから、2018年夏に発売しました。2度の再販が行われるなどご好評を頂き、販売終了後もSNS等で再販売のご要望を多数頂いたことから、今年の4月に3度目の再販売をいたしました。
 この度、コラボレーション商品第二弾として発売する「MACHI café Lipton フルーツインティーグリーン」は、昨年の「Fruits in Tea専門店」で大人気だったグリーンティーをベースにしたフルーツインティーです。リンゴ・ライム・レモンの3種のフローズン カットフルーツとふんわりとした氷が入ったカップにグリーンティーを注いで提供します。グリーンティーを注いだ瞬間に氷が溶けて飲み頃となり、グリーンティーと爽やかなフルーツの甘味を楽しめる新感覚のフルーツインティーをぜひお楽しみください。また、今年も6月28日より期間限定で表参道にてオープンする「Fruits in Tea専門店」でもグリーンティーを使ったフルーツインティーを発売いたします。

期間限定「Fruits in Tea 専門店」について
リプトンは日本で紅茶をより⾝近な飲み物として浸透させるために、2016年から“アイスティーに各種フルーツとハーブ、シロップなどをアレンジして楽しむ”Fruits in Tea” という新しい飲み方の提案を、期間限定の「Fruits in Tea 専門店」を通して行っています。写真映えする「フォトジェニックさ」や「おいしさ」、「カスタマイズ性」などから、最大4時間半待ちを記録するなどの人気を博しました。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]