logo

ファイバーレーザー発売開始!アルミやステンレス自由切断RSD-SUNMAX-FL1390

サンマックスレーザー 2019年06月14日 18時40分
From PR TIMES

RSD-SUNMAX-FL1390 IPG1KW

ものづくり補助金にも対応
令和元年6月1日発売開始
サンマックスレーザー
ウエブサイトからお問い合わせください




                           

ファイバーレーザー発売開始!アルミやステンレス自由切断RSD-SUNMAX-FL1390

レーザー加工機の製造・システム開発・販売・修理業務及び、印章彫刻機関連用品卸売などを行う、株式会社リンシュンドウ サンマックスレーザー(本社:岐阜県岐阜市、代表取締役 林 栄二)は、ステンレス板・アルミ板の切断を行える「RSD-SUNMAX-FL1390」の発売を開始いたしました。ステンレス板だけでなくアルミ板にも対応し、精密な加工をスピーディーに行ないます。

RSD-SUNMAX-FL1390

[画像1: リンク ]


RSD サンマックスレーザー URL : リンク
サンプル加工動画 リンク

[動画: リンク ]



高効率、低コスト、メンテナンスフリー。ファイバーレーザー FL1390
RSD-SUNMAX-FL1390は、ステンレス板やアルミ板の精密な切断加工に優れたファイバーレーザー加工機です。
ファイバーレーザー発振器によるスピーディーな金属加工が可能なため、コストパフォーマンスに優れています。

選べるレーザー出力
目的に応じて500w~2000wのレーザー出力発振器をお選びいただけます。Raycus社製またはIPG社製。

安全で汚染のない構造。
密閉式な本体デザイン。観測窓は、欧州CE規格のレーザー保護ガラスを採用しています。また、切断によって発生した煙や埃は、内部をフィルタリング処理して排出します。

専用制御ソフトウエア搭載
SUNMAX-FLシリーズ専用制御ソフトウエア「CypOne J」(平板専用)を採用。レイヤー機能により多彩な加工設定を可能にしています。

ファイバーレーザーコントローラーBCS100搭載
独自のイーサネット通信(TCP / IPプロトコル)インターフェイスを備えており、高さの自動トラッキング、セグメントピアス、プログレッシブピアス、エッジシーク、飛び越し、リフトアップの高さの任意設定など、CypOne Jで多くの機能を簡単に実現できます。日本語の取扱説明書もサンマックスレーザーのホームページよりダウンロードできます。(ユーザー限定パスワードが必要です)

自動水冷機付帯
焦点レンズ等、レーザーヘッドを冷却します。
大流量、低騒音のステンレス製循環ポンプを使用し、タンク、パイプも錆びない素材を使用して、安定した水圧、長寿命を実現した自動水冷機です。


[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

  


両側ダブルレール設計航空用アルミニウムガントリーコントローラーBCS100画面
[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]

  

【会社概要】
会社名:株式会社リンシュンドウ
代表取締役:林 栄二
設立:平成3年10月
本社:岐阜県岐阜市長良東 2 丁目 37 番地
資本金:1,000 万円
事業内容:レーザー加工機
URL リンク

【各種レーザー加工機に関するお問い合わせ先】
サンマックスレーザー:担当 田中
E-mail webmaster@laser-machine.com
お問い合わせURL リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]