logo

アクロディア、『i・Ball Technical Pitch』の台湾展開開始、台湾野球基礎発展基金会推奨のトレーニングツールとして販売

株式会社アクロディア(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 堤 純也、以下「当社」) は、台湾野球基礎発展基金会の推奨を受け、『i・Ball Technical Pitch』の台湾での販売を開始することとなりましたので、お知らせいたします。

台湾における野球は国民的スポーツと言えるほど人気が高く、台湾代表はWBCに4大会連続出場し、2013年東京ドームで行われた台湾―日本戦では名試合を繰り広げました。
このたび、野球の発展を目的に活動している台湾の財団法人 台湾野球基礎発展基金会より『i・Ball Technical Pitch』の機能と使いやすさを評価いただき、台湾野球基礎発展基金会推奨のトレーニングツールとして、台湾全土において2019年6月より『i・Ball Technical Pitch』の販売を開始することとなりました。

今後、台湾野球基礎発展基金会の協力のもと、中学生や高校生の野球育成の現場に導入し、台湾野球界の技術向上に貢献してまいります。

●“投げるだけで投球データの解析ができる”『i・Ball Technical Pitch』
『i・Ball Technical Pitch』は、硬式野球ボールの中心部に9軸センサー※を内蔵したIoT製品です。ボール本体は、硬式野球ボールと同じ重量、同じ固さ、同じ素材で作られています。ボール本体を投げると投球データがスマートフォンに転送され、「球速、回転数、回転軸、球種、変化量、腕の振りの強さ」を計測し、専用サーバーで投球データの解析が可能です。※3軸加速度センサー、3軸地磁気センサー、3軸角速度センサー
◇『i・Ball Technical Pitch』公式サイト リンク


【株式会社アクロディア】
所在地:東京都新宿区愛住町22 第3山田ビル
設立:2004年7月
上場:2006年10月 東証第二部(3823)
代表者:代表取締役社長 堤 純也
事業内容:スマートフォン向けのサービス・ソリューションの提供ウェブサイト:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]