logo

アディダス史上最大規模の海洋プラスチック汚染に対するムーブメント「RUN FOR THE OCEANS」

1km走るごとに1ドルを海洋保護教育活動 Parley Ocean School Programへ寄付  リンク

●アディダスは2019年6月8日(土)の世界海洋デーに合わせ、6月8日(土)~6月16日(日)の期間中、海洋プラスチック汚染に対するグローバルムーブメント「RUN FOR THE OCEANS(ラン フォー ジ オーシャンズ)」を実施。
●期間中にランニングアプリ「Runtastic」内のチャレンジに参加をすると、1km走るごとに1ドルを「PARLEY OCEAN SCHOOL PROGRAM」に寄付。今年は昨年の1.5倍である150万ドルの寄付を目指す。
●世界各地で史上過去最大規模の取り組みを予定しており、日本では6月15日(土)に「RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO」を開催




[画像1: リンク ]

■「RUN FOR THE OCEANS」とは
アディダスは世界的なムーブメントとして2017年に「Run For The Oceans」を立ち上げました。2018年には世界で約100万人のランナーたちが集結し、長年にわたるパートナーである海洋環境保護団体「Parley for the Oceans(以下、パーレイ)」に100万ドルを寄付しました。集められた資金は、プラスチック汚染の影響を受ける海岸沿いのエリアに暮らす10万人の若者たちとその家族に対し、アクションを起こすための教育とサポートを直接提供する「Parley Ocean School Program」のために活用されています。このパートナーシップを通じ、2018年だけで、プラスチック廃棄物を用いたシューズが500万足生産されました。 

■「RUN FOR THE OCEANS」への参加方法
ランニングアプリ「Runtastic」上でチャレンジに申し込むことで本取り組みへの参加が可能です。自身の走った距離がアプリ上でカウントされ、1kmカウントごとに1ドルがParley Ocean School Programに寄付されます。
チャレンジはこちらから:リンク
[画像2: リンク ]



■「RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO」開催
[画像3: リンク ]

2019年、アディダスは本取り組みをさらに加速させ、アップサイクル(元の製品よりも価値の高い製品を生み出すこと)された海洋プラスチック廃棄物を使用したシューズを1,100万足生産する予定です。今年は、実施地域・参加人数ともに過去最大規模を予定しており、日本では6月15日(土)に東京の葛西臨海公園・葛西海浜公園で「RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO」を開催致します。世界では、ニューヨーク、バルセロナ、上海でも大規模なイベントを実施予定です。

<「RUN FOR THE OCEANS IN TOKYO」概要>
日時       :2019年6月15日(土) 10時~18時 ※開場:9時30分(予定)
場所       :葛西臨海公園・葛西海浜公園(東京都江戸川区臨海町6丁目2)
          JR京葉線「葛西臨海公園」下車 徒歩1分 メイン会場:潮風の広場
参加可能プログラム:ランニング/ビーチヨガ/トレーニング/ピラティス、海洋環境に関するトークショー、
          ゲストアーティストによるLIVE、フォトスポット、
          海洋保護の取り組みに関する特設ブースの設置、など
          ※ランニング時はRuntasticを起動して頂きます。
ゲスト      :SNS・HPにて後日発表
参加費用     :500円
参加方法     :下記申し込みサイトよりエントリー
URL       :リンク

■「Alphabounce+ Parley」の発売
PARLEY OCEAN PLASTICを採用した「Alphabounce+ Parley」を発売します。「Alphabounce+ Parley」は、アップサイクルされたプラスチック廃棄物から作られており、従来の機能性を妥協することなく、エコ・イノベーションとスタイルを実現しています。
[画像4: リンク ]



[画像5: リンク ]

<商品情報>
発売日   :2019年5月30日(木)
価格    :9,990円+税
サイズ   :22.0cm~32.0cm
取り扱い店舗: アディダス オンラインショップ(リンク)、アディダス ブランドコアストア各店、その他アディダスランニング取り扱い店舗にて発売

<ご参考>
アディダスとPARLEY FOR THE OCEANSについて:
2015年4月、アディダスは、海の美しさと脆弱性について啓発する環境保護団体パーレイとのパートナーシップを発表しました。アディダスは創設メンバーとして、教育およびコミュニケーション関連の取り組みや、プラスチックによる海洋汚染の根絶を目指す包括的なOcean Plastic Programにおいて、Parley for the Oceansを支援しています。(Ocean Plastic Program は、A.I.R.戦略(Avoid=プラスチックの使用回避、 Intercept=回収、Redesign=再設計)に基づくプログラムです。)

PARLEY OCEAN SCHOOL PROGRAMとは:
Parley Ocean Schoolは、自然界を探索・調査したり、自然界に対応したりする機会や、自然を保護する方法について学ぶ機会を提供することで、次世代のOcean Guardians(海の護り人)にインスピレーションとエンパワメントを与えています。パーレイは2015年以来、教育者、NGO、ブランド、政府とのコラボレーションを通じ、特に海洋プラスチック汚染の影響を受けている海岸沿いの地域に注力しながら、Ocean School のプログラムを世界中で拡大してきました。モルディブにおいては、教育省と連携し、プログラムを通じて、10万人以上の子どもたちとその両親に(多くは生まれて初めて)海で泳いだりシュノーケリングしたりする機会を提供しました。

<一般のお客様からのお問い合わせ先>
アディダスグループお客様窓口
Tel:0570-033-033 (土日祝除く、9:30~18:00)
email : shop@adidas.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]