logo

【コメントあり】2019年11・12月『カリギュラ』キャスト&スタッフ、ソロビジュアル解禁!!福岡、兵庫、宮城公演決定!!

株式会社ホリプロ 2019年05月18日 12時40分
From PR TIMES

2019年11月・12月に上演する『カリギュラ』のキャストとソロビジュアルが解禁。また、地方公演の開催地が決定した。



▼公演詳細はこちら
公式HP:リンク
ホリプロステージ:リンク


「不可能なものが欲しい」カリギュラは独裁者かそれとも革命者か…

日本演劇界を代表する演出家栗山民也と、数々の映画賞の主演男優賞に輝き、今年デビュー10周年をむかえ、役者、アーティストとして今最も注目を集める俳優、菅田将暉が初のタッグを組み上演する衝撃の舞台『カリギュラ』。本日、キャストとクリエイティブスタッフが発表された。

“不条理の哲学”で知られる、20世紀のフランス文学界を代表するアルベール・カミュ自身が、『異邦人』および『シーシュポスの神話』とともに、“不条理三部作”と位置づけた傑作戯曲のひとつ。1980年の映画版では、あまりの過激な内容のため、『カリギュラ効果』という言葉まで生み出した、暴君として知られるローマ帝国第3代皇帝カリギュラを題材にした本作。

菅田将暉演じるカリギュラの残虐な行為を受け入れるほど、彼を深く愛する女性セゾニアに、栗山作品へも数多く出演し、数々の演劇賞を受賞している秋山菜津子。そして、確かな演技力で近年は舞台だけではなく、TV、映画でも活躍する谷田 歩が、最後までカリギュラを支えぬくエリコンを演じる。冷静な判断力を持ち、クーデターの中心人物としてカリギュラと対峙するケレアを、様々な演出家の作品への出演が続き、演劇界から引く手あまたの橋本 淳が演じる。

菅田とともに、この刺激的で危険な美しさに満ちた作品を作り上げるにふさわしい実力派が集まった。
はたして、どのような世界を織り成すのか・・・。なおシピオン役は後日発表される。

[画像1: リンク ]

<ソロビジュアル>
先日公開された菅田将暉のカリギュラ像。そのカリギュラのビジュアルの新しいカットと、そのほかの出演者のソロビジュアルも到着した。


<コメント>

[画像2: リンク ]

■秋山菜津子
今回、私はカリギュラを愛する年上の女性を演じさせていただきます。
これからお稽古をしてスタッフ、共演者の皆さんと共に素敵な舞台になるよう作り上げていきたいと思います。
皆さんどうぞ楽しみにしていて下さい。


[画像3: リンク ]

■谷田 歩
今回菅田将暉くんとは初共演なので、
彼がどういうカリギュラを作ってくるのかすごく楽しみです。
僕は栗山さんの芝居の作り方がすごく好きで、限られた稽古時間の中で
集中して作り上げる、栗山さんの一つのアイテムになれればいいなと思っています。
初共演の方たちばかりなので楽しみにしています。


[画像4: リンク ]

■橋本 淳
初めて戯曲を読んだのは20代前半くらいだったのですが、その時は全く理解できなかった戯曲でした。
その後、この作品を観たり、最近また戯曲を読み返したりして、その時感じたものとは違うものを感じています。
この作品の世界観、人間的な話の部分の少し取っ掛かりがつかめたかなと、とても身近に感じました。
でも、難解な部分はありますので、稽古まで、そして稽古の時間を必死にゆっくりとしっかり咀嚼して理解していけたらなと思ってます。
栗山さんとはじめてのお仕事ですし、共演者の方々もみなさん初めましての方ばかりですので、とても刺激的な稽古場になるんではないかと思っております。素敵な作品にしたい、させたいと思います。


<あらすじ>
ローマ帝国の若き皇帝カリギュラ(菅田将暉)は、愛し合った妹が急死した日に宮殿から姿を消し、その3日後に戻ってきた。そして、その日を境にそれまで非の打ち所のなかった皇帝は豹変し、貴族平民問わず、何らかの財産を持つものを区別なく殺し、その財産を没収するという驚くべき宣言を出す。

しかし、それはほんの序章でしかなかった。

それから3年後、カリギュラは、彼を深く愛している年上の女性セゾニア(秋山菜津子)、忠臣のエリコン(谷田 歩)を従い、残虐非道な行為の数々を繰り広げる。やがて貴族たちの怒りと怖れはカリギュラを殺害することへと向かっていく。そして、カリギュラに父を殺された若き詩人、シピオンも彼を殺したいほど憎んでいた。だが、カリギュラの思想の危険さをいち早く感じていたケレア(橋本 淳)だけは、今は時期尚早だと“その時”が来るの待つように全員を諌めるのだった。

カリギュラはなおも食料庫を閉鎖して飢饉を起こし、公営売春宿の売り上げ回復のため新たに勲章を設け、グロテスクな扮装で神々を冒涜する。自らの命の危険を知っても、止まることなく、さらに暴走を続ける。彼は革命をもたらす王か、それともただの殺人者か。彼が探し求めた「不可能なもの」とは・・・?

▼公演詳細はこちら
公式HP:リンク
ホリプロステージ:リンク


【公演概要】
舞台『カリギュラ』


[画像5: リンク ]


2019年
11月
〔東京公演〕
会場:新国立劇場 中劇場
主催:ホリプロ
お問い合わせ:ホリプロチケットセンター
03-3490-4949(平日10:00~18:00/土10:00~13:00/日祝休み)
ホリプロHP:リンク

〔福岡公演〕
会場:久留米シティプラザ ザ・グランドホール
主催:RKB毎日放送/インプレサリオエンターテインメント
お問い合わせ:インプレサリオエンターテインメント
092-985-8955(平日10:00~18:00)
HP www.impresario-ent.co.jp

12月
〔兵庫公演〕
会場:神戸国際会館こくさいホール
主催:関西テレビ放送/キョードーマネージメントシステムズ
お問合せ:キョードーインフォメーション
0570-200-888(10:00~18:00)
HP リンク

〔宮城公演〕
会場:仙台銀行ホールイズミティ21 大ホール
主催:仙台放送
共催:(公財)仙台市市民文化事業団
お問合せ:仙台放送
022-268-2174(平日9:30~17:30)
HP リンク


<キャスト>
菅田将暉 秋山菜津子 谷田 歩 橋本 淳

原 康義 石田圭祐 世古陽丸 櫻井章喜 俵 和也 野坂 弘 坂川慶成
石井 淳 石井英明 稲葉俊一 川澄透子 小谷真一 小比類巻諒介 西原やすあき 高草量平 原 一登 平野 亙  峰崎亮介 吉澤恒多

<スタッフ>
作:アルベール・カミュ
翻訳:岩切正一郎
演出:栗山民也

美術:二村周作
照明:勝柴次朗
音楽:金子飛鳥
音響:山本浩一
衣裳:前田文子
ヘアメイク:鎌田直樹
アクション:渥美 博
振付:八子真寿美
演出助手:坪井彰宏
舞台監督:加藤 高

著作権代理:フランス著作権事務所

主催・企画制作:ホリプロ

<チケット情報>
2019年夏 ホリプロステージにて、東京公演 先行受付・一般発売予定!

▼公演詳細はこちら
公式HP:リンク
ホリプロステージ:リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]