logo

ブルガリを纏ったセレブリティが第72回カンヌ国際映画祭に登場

ブルガリ ジャパン株式会社 2019年05月17日 19時40分
From PR TIMES

2019年5月16日、フランスのカンヌで開催された第72回カンヌ国際映画祭のレッドカーペットにモデルのベラ・ハディッド、ブランカ・パディラがブルガリを纏い、登場しました。



デクスター・フレッチャー監督の映画「ロケットマン(ROCKETMAN)」の上映会に登場したのは、ブルガリの   ブランドアンバサダーであり、モデルのベラ・ハディッドでした。古代ローマ時代の遺跡である壮麗なカラカラ浴場のモザイク画から着想を得た扇型モチーフを配した「ディーヴァ ドリーム」のダイヤモンドをあしらったイヤリング、古代ギリシャ・ローマ時代より「英知」や「永遠」のシンボルと人々に崇められる蛇をジュエリーへと昇華させた「セルペンティ(イタリア語で蛇の意)」のサファイア、ダイヤモンドをあしらったブレスレット、センターにマーキースカットを施した約3カラットのダイヤモンドをあしらったリングを纏い、レッドカーペットに舞い降りました。

スペイン出身のモデルであるブランカ・パディラが着用したのは、ホワイトゴールドにエメラルド、ターコイズ、  ダイヤモンドをあしらったイヤリング、グレーとホワイトカラーのマザーオブパール、ダイヤモンドをあしらった  ブレスレット、総ダイヤモンドのリングでした。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]



お問い合わせ先:ブルガリ ジャパン 03-6362-0100  リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]