logo

「アクションゲームツクールMV」によって制作された2Dアクションゲーム「クマキュア」販売決定!

2019年6月よりPCゲームプラットフォーム・Steamにて販売決定!

「アクションゲームツクールMV」によって制作された「クマキュア」が、2019年6月よりPCゲームプラットフォーム・Steamにて販売決定しました。



 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:松原眞樹)は、ツクールシリーズの最新作となる「アクションゲームツクールMV」によって制作された「クマキュア」について、2019年6月よりValve社が運営するPCゲームプラットフォーム・Steamにて販売決定したことを発表いたします。
[画像1: リンク ]



2019年6月に「クマキュア」の発売を決定!

『アクションゲームツクールMV(英名:Pixel Game Maker MV)』は、プログラミングや専門的な知識が無くても独創的なオリジナルアクションゲームが作れるゲーム作成ソフトです。アイデア次第で様々なアクションゲームを制作できます。
またキャラクターのアニメーションや背景マップ、サウンドなどオリジナルの素材を使うこともできるため、より簡単にゲームを作ることが可能です。
このソフトを使用して作られた「クマキュア」を500円(税抜)にて販売いたします。

[画像2: リンク ]



クマキュアの特徴
● 4つのステージの好きな面から始められる!
●ドットで作られたレトロタイプの爽快2Dアクション!
●各ステージのボスを倒すと新しい武器が手に入る!
● 隠された【Mystery Bear】を全て見つけてクリアすると、真のエンディングがキミを待っている。

クマキュアURL:リンク


クマキュアとは?
ジャンプとショットで敵を倒す、爽快2Dアクションゲームが登場!地球を狙う悪の軍団を倒すために、【クマキュア】は戦う。
本作は「アクションゲームツクールMV」で作成されました。

あらすじ
Dr.サーモン率いる【悪のロボ軍団】の野望を食い止めるべく、
万能ロボ女子【クマキュア】は、正義のマシュマロを武器に戦う。

[画像3: リンク ]

    (左)4つのステージの好きな場所から始められます!             
    (右)ステージをクリアするとボスの使っていた武器が使用できる!

[画像4: リンク ]

    (左)ゲットした武器はいつでも切替可能に!             
    (右)4ステージをクリアすると最終ボスへの道が開ける!


クマキュア制作動画も公開中
キャラクターのドット絵作成工程やアクションゲームツクールMVでのゲーム制作工程を紹介していますので、
ぜひご覧ください。
●「クマキュア」制作動画URL
1 リンク
2 リンク
3 リンク
4 リンク
5 リンク


[画像5: リンク ]

アクションゲームツクールMVの特徴6つの機能紹介!
本ソフトでは、フィールドや背景、キャラクターやアイテム、BGMや音声など、多彩な要素から成り立つアクションゲームを、6つのツールで管理することができます。

ツール1:素材 必要な画像などの素材を用意し、整理する
ゲームのもととなる画像素材やBGM・音声ファイル等の音楽素材はもちろん、フォントやmp4形式などの動画ファイル、gif形式などのアニメ画像も、ゲーム作成に必要な素材を取り込んで一元管理することができるツールです。
[画像6: リンク ]



ツール2:タイル フィールドづくりに必要な”タイル”を作成する
ゲームの舞台となるフィールド(いわゆるマップ)のもととなる、タイルを作成するツールです。タイル一つひとつにもアニメーションを設定したり、細かなギミックを設定したりすることが可能です。
[画像7: リンク ]



ツール3:オブジェクト キャラクターやアイテムにギミックを施す
フィールド上を動き回る主人公や敵などのキャラクター、あるいは置かれているアイテム、配置されている各種ギミックなどの挙動を管理するツールです。物体が坂を転がっていったり、バネで跳ね上がったりするなど、物理演算独特の挙動も、このツールからプログラミングを一切することなく実装することができます。
[画像8: リンク ]



ツール4:アニメーション 画像などに彩りを与える
各オブジェクトに用いる画像やそれぞれの細かいアニメーションを管理するツールです。ゲームを豊かに彩る、エフェクトアニメーションやパーティクルアニメーションの管理もここで行います。複数のパーティクルを組み合わせることで、表現豊かなアクションゲームを実現します。
[画像9: リンク ]



ツール5:シーン タイルやオブジェクトでステージをつくる
準備したタイルやオブジェクトなどを用いて、実際にゲーム中のステージを組んでいくツールです。カメラの位置や動き、物理演算を用いた挙動なども、ここで手軽に設定できます。
[画像10: リンク ]



ツール6:遷移 シーンをつなぎ合わせてゲームの形にまとめる
作成したシーンをつなぎ合わせて、最終的なゲームの形にまとめるツールです。フローをつないで遷移をつくり、シーンからシーンへの移動はポイントを指定することで行います。
[画像11: リンク ]



機能拡張も可能
さらにJavaScriptでの機能の拡張なども可能。それらの追加機能や拡張機能を使いこなせば、凝りに凝ったゲームを作り上げることも思いのままです。

<サンプルゲーム紹介>

[画像12: リンク ]

Bike Dash Excite!
リンク
「アクションゲームツクールMV」の物理演算処理を活用して開発された、バイクレーシングゲーム!なかなか思い通りに動かないバイクを操作し、ステージを突破して、クリア時間を競おう!


[画像13: リンク ]

Witch & 66 Mushrooms
リンク
「アクションゲームツクールMV」の機能を駆使したさまざまな武器を駆使しながら広大なステージを冒険する、探索型2Dアクションアドベンチャーゲームです。


サンプルゲーム トレーラー
●Witch & 66 Mushrooms リンク
●PINPIN BALLBALL リンク
●CROSS X CARROT リンク
● BikeDashExcite! リンク


「アクションゲームツクールMV」製品概要
■タイトル:アクションゲームツクールMV
■ジャンル:コンストラクション
■対応ハード:PC(Windows対応)
■発売日: 2018年7月24日アーリーアクセス開始
■希望小売価格:9,800円(税抜)(アーリーアクセス期間中8,500円(税抜))
■発売元:株式会社KADOKAWA
■開発:株式会社KADOKAWA
■販売:株式会社アクティブゲーミングメディア(PLAYISM)
■公式サイト:リンク
■twitter:@tkool_dev
■コピーライト表記:(c)KADOKAWA CORPORATION 2018
■ゲーム作成ムービー: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]