logo

グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第58回 カナリアリリース支援サービス「Canary Analysis Service」(パート1)

CTC教育サービスはコラム「グーグルのクラウドを支えるテクノロジー > 第58回 カナリアリリース支援サービス「Canary Analysis Service」(パート1)」を公開しました。

###

はじめに
 今回からは、2018年に公開されたエッセイ「Canary Analysis Service」を紹介します。多数のユーザーに提供するインターネット上のサービスでは、新機能をリリースする際に、一部のユーザーのみが利用できるようにして機能に問題がない事を確認する、「カナリアリリース」と呼ばれる手法が用いられます。Googleの社内には、カナリアリリースを支援するためのサービスが用意されており、社内のデファクトスタンダードとして多数のプロジェクトが利用しています。今回から数回に分けて、このカナリアリリース支援サービス「Canary Analysis Service(CAS)」を紹介していきます。
カナリアリリースの考慮点とCASの役割
 冒頭でも説明したように、新機能をリリースする際に、一部のユーザーのみにリリースして安全性を確かめるのがカナリアリリースの手法です。考え方はシンプルですが、実際には、さまざまな考慮点があります。たとえば、「一部のユーザー」はどのように選択すればよいのでしょうか? 機能の安全性を確認するという意味では、特定のタイプのユーザーだけにリリースするのではなく、さまざまなパターンで使ってもらえるよう、幅広いタイプのユーザーを選択する必要があります。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]