logo

デジタルツールを用いたタイヤ管理ソリューションを展開 ~IoT開発企業の2社と基本業務提携契約を締結~

住友ゴム工業株式会社 2019年05月16日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2019年5月16日

住友ゴム工業株式会社

デジタルツールを用いたタイヤ管理ソリューションを展開
~IoT開発企業の2社と基本業務提携契約を締結~

 住友ゴム工業(株)(社長:山本悟)は、従来のタイヤ販売にとどまらず、直接式TPMS(Tire Pressure Monitoring System:タイヤ空気圧監視システム)を使ったタイヤ空気圧管理ソリューションの展開や、他のデジタルツールを用いて得られるさまざまなタイヤデータを利用したソリューションシステムの構築のため、このたび、トライポッドワークス株式会社、SYSGRATION LTD.の2社との基本業務提携契約を締結しました。今後、グロ―バル展開を見据えて、お客様の新たなニーズにお応えするためのサービス創出を推進していきます。
 今回の基本業務提携は当社の掲げるタイヤ技術コンセプト「SMART TYRE CONCEPT」に、デジタルツールを用いて得られるさまざまなデータを利用した新たなソリューションサービスの領域を追加し、拡張していく一環となるものです。


【画像: リンク 】 
サービスのイメージ図
 
<今後の計画>
直接式TPMSなどのデジタルツールを使って得られる、タイヤ空気圧・温度データを活用したタイヤ空気圧管理ソリューションサービスの展開を行います。その後、デジタルツールの機能追加、外部サービスとの連携を実施することで、タイヤ管理ソリューションモデルを段階的に拡張していく予定です。

<背景>
MaaS(Mobility as a Service)の発展により、カーシェアリング、ライドシェアなど、車の所有から使用への転換が進んでいます。また、自動運転や隊列走行などの急速な技術進展により、近い将来にドライバーレスが想定されている中、タイヤ管理の自動化や予知保全サービスの提供など、タイヤ管理、車両管理ソリューションがさらに重要となってくると考えられます。こういった自動車業界の変化に対応するため、当社はオープンイノベーションによるデジタルツールの活用により、新たなサービスを創出し、お客様に提供していきます。

<2社の会社概要>
■トライポッドワークス株式会社
本   社:宮城県仙台市青葉区一番町1-1-41 カメイ仙台中央ビル7F
代表者:佐々木賢一
設   立:2005年
事業内容:〇TPMSソリューションをはじめとする自動車向けIoTサービスの開発・販売     〇情報セキュリティ、クラウドサービスの開発・販売
■SYSGRATION LTD.
本   社:5Fl., No.1,Sec.1, Tiding Blvd., Neihu Dist., Taipei City 11494, Taiwan
代表者:李益仁
設   立:1977年
事業内容:TPMS、周辺機器の製造および開発




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]