logo

【20代~30代女性の「ラブレター」に関する実態調査】5月23日は「恋文(ラブレター)の日」約6割の女性がラブレターを書いた経験あり!「書いたラブレターを読んでみたい」芸能人ランキング1位は菅田将暉

リンク

結婚式場の日本最大級のクチコミサイトを運営する株式会社ウエディングパーク(本社:東京都港区、代表取締役社長:日紫喜 誠吾 以下ウエディングパーク)は、20代~30代の女性271人を対象に「ラブレター」に関する調査を実施いたしました。



--------------------------------------------------------------------------------------------
■サマリー
・約6割の女性がラブレターを書いたことがあると回答!
 甘酸っぱい思い出集「電車でよく見かける彼に…」「渡す勇気が出ずポケットに…」
・女性の60.5%がラブレターでの告白に憧れていると回答!
 実際にラブレターをもらったことがある人は53.5%
 告白をされるならどっち!? “手紙派”or“直接派“
・「書いたラブレターを読んでみたい…」男性芸能人ランキング
 1位:菅田将暉、2位:松坂桃李、3位:山崎賢人
--------------------------------------------------------------------------------------------

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



株式会社ウエディングパークは、「結婚を、もっと幸せにしよう。」という経営理念のもと、さらなるサービス拡充に努め、ブライダル業界のインターネットリーディングカンパニーとして結婚準備をもっと便利に楽しくするお手伝いをしてまいります。
[調査結果]
--------------------------------------------------------------------------------------------
■約6割の女性がラブレターを書いたことがあると回答!
 甘酸っぱい思い出集「電車でよく見かける彼に…」「渡す勇気が出ずポケットに…」

「ラブレターを書いた経験はありますか(単一回答)」という質問をしたところ、「ある(61.6%)」、「ない(36.9%)」という結果になり、約6割の女性がラブレターを書いたことがあることがわかりました。ラブレターを書いたことがある人に、書いた時期に関して聞いたところ1位:「小学生」、2位「中学生」、3位「社会人」という結果になりました。

[画像3: リンク ]

【甘酸っぱいラブレターの思い出集】 ※コメント欄より抜粋

<バレンタインデーに…>
・小学校最後のバレンタイン、ずっと好きだった男の子にラブレターを書き、チョコレートも作って学校へ持っていったけれど、勇気が出ず渡せなかった。そのまま持って帰って、ラブレターは今も思い出にとってある(30代前半)
・私自身は中学2年生の時バレンタインデーのチョコと一緒にラブレターを入れた。チョコだけでも好きだとバレるのに、ラブレターを添えたことで「義理」という言い訳もできなくなってとてもドキドキした(20代後半)
・小学生の頃、バレンタインにチョコと一緒に渡した手紙で告白したけど、返事を聞くのが怖くて「お返事はいらないです」って書いちゃって…。その通りやはりお返事は無く、相手の気持ちが分からないまま卒業してしまい、後で後悔した(30代前半)

<憧れの先輩に…>
・高校生の頃、入試間近で放課後に教室で勉強していた部活の先輩へ、キットカットとラブレターを渡して「受験頑張ってください」と伝えた。甘酸っぱくてステキな青春時代の思い出で、あの時のドキドキは今でも忘れられない(20代前半)
・小学4年生の頃、6年生の先輩に恋をし、卒業式の日にラブレターを渡そうと思った。当日の朝もドキドキしていたが、いざ先輩を目にすると、寂しさから涙が出そうに…。その頃思春期というのもあり涙を見られたくなく、その場から離れてしまいラブレターを渡せず…(20代後半)

<電車で見かけるあの人に…>
・高校生の頃、最寄り駅で一目惚れした彼が毎朝同じ電車を使っており、メアドを書いて思い切ってラブレターを手渡し。その後メールが返ってきて、初めての彼氏になった。大切な忘れられない思い出!(20代前半)
・電車で見かける他校の男の人にラブレターで告白したくて、男友達に渡すのを頼んだ。その人と付き合うことになって、後で聞いたら、彼の手に渡る前に男友達が封を切った跡があったらしい。ラブレターを読まれていた…!(20代前半)

■女性の60.5%がラブレターでの告白に憧れていると回答!
 実際にラブレターをもらったことがある人は53.5%
 告白をされるならどっち!? “手紙派”or“直接派“

「ラブレターで告白をされることに憧れはありますか(単一回答)」という質問をしたところ、「ある(26.6%)」、「どちらかと言えばある(33.9%)」という結果になり、女性の60.5%がラブレターでの告白に憧れていることがわかりました。
「ある」「どちらかと言えばある」と答えた方に理由を聞いたところ、「少女漫画で見る“下駄箱の中にラブレターが入っている”というシチュエーションに憧れたから(20代後半)」、「手紙を準備して、言葉を選んで書いて…と手間がかかっている分、冗談ではなく本当の気持ちが伝わり、思い出になる(20代後半)」、「今は携帯を使っているけど、あえて紙に自分で文字を書くというのがいいなと思う(30代前半)」など、少女漫画やドラマのシチュエーションへの憧れや、手間がかかるからこそ感じる喜びを形に残しておけることがいいという回答が多く出ました。
一方で、「どちらかと言えばない」「ない」と答えた方に理由を聞いたところ、「直接顔を見て気持ちを伝えた方が、まっすぐ伝わるものがあると思うから(30代前半)」「直接、伝えて欲しい!その後のラブレターは嬉しいです!やっぱり形に残るので(20代前半)」など、告白は直接してほしいものの、付き合ってから手紙をもらうことは嬉しいという回答も多くでました。
また、「ラブレターをもらった経験はありますか(単一回答)」という質問に対して「ある(53.5%)」「ない(43.9%)」という結果になり、実際に53.5%の女性がラブレターをもらったことがあることがわかりました。

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

■「書いたラブレターを読んでみたい」と思う男性芸能人ランキング!
 1位:菅田将暉、2位:松坂桃李、3位:山崎賢人

「あなたが『書いたラブレターを読んでみたい』と思う男性芸能人を教えてください(複数回答)」という質問をしたところ、1位は「菅田将暉(86票)」さん、2位は「松坂桃李(59票)」さん、3位は「山崎賢人(52票)」さんという結果になりました。

[画像6: リンク ]



【「書いたラブレターを読んでみたい」と思う芸能人ランキング!】※コメント欄より抜粋

<菅田将暉>
・関西出身なので関西弁で男らしくストレートに「好きやで」と書いてありそう。ファッションもお洒落なイメージなので、手紙のデザインもこだわってくれそう(20代後半)
・ロマンチックな手紙というよりは、単刀直入な率直なラブレターを描きそう(20代後半)

<松坂桃李>
・文才に優れていそう!ありきたりな言葉ではなく、その人の感性が盛り込まれたラブレターをもらえそうだから(30代前半)
・手紙だからと言って、改まった感じではなく普段と変わらない言葉で書いてくれそう(30代前半)

<山崎賢人>
・あの天然具合でどんなラブレターを書くのか興味がある。とても男らしいことを書いていてくれたらギャップがさらに素敵!(30代前半)
・「手紙なんて生まれて初めて書きます!」とか恥ずかしがりながら書いていそう(20代前半)

<山下智久>
・潔い感じで、大きな字で達筆に「好きだ」とだけ書いてありそう(30代前半)
・文章力がありそうなので気持ちがしっかり伝わる手紙を書いてくれそう(20代後半)

<高橋一生>
・大人の人が描く、文章が読んでみたい。きっと、ラブレターなのに小説のような考えさせる文章を書いてくれるのではないかと思う(30代前半)
・口数が少なそうなので、普段聞けない言葉を貰えそう(30代後半)

---------------------------------------------------------------------------------------
[調査概要]
表題:「ラブレター」に関する実態調査
調査主体:ウエディングパーク
調査方法:会員向けのインターネット調査
調査期間:2019年4月12日(金)~4月15日(月)
有効回答:20代~30代の女性271人
---------------------------------------------------------------------------------------

<関連リンク>
■式場探しの決め手が見つかるクチコミサイト「ウエディングパーク」
「ウエディングパーク(リンク)」は、全国約5,000 件以上の結婚式場のデータベースとその検索機能を備え、国内のウエディングメディアではクチコミ掲載数日本最大級を誇る結婚準備クチコミ情報サイトです。人生の中でも一番大きなイベントの一つである結婚式を控えたカップルを応援します。
公式Twitter:@weddingpark(リンク
公式Instagram:@weddingpark(リンク
公式YouTubeチャンネル:ウエパちゃんねる
リンク

■結婚の今と未来を考えるメディア「結婚あした研究所 by Wedding Park」
リンク
「結婚を、もっと幸せにしよう。」という経営理念に基づき、 2012年からスタートした様々な調査や、実際のカップル・専門家・企業などへの取材を通して 結婚の“今”と“未来”について考えるきっかけとなる多様な情報を提供しているメディアです。
公式Twitter:@kekkon_ashita(リンク

【株式会社ウエディングパーク概要】
社名 株式会社ウエディングパーク リンク
所在地 東京都港区南青山3丁目 11-13 新青山東急ビル6F
設立 1999年9月
資本金 2億3198万円
代表者 代表取締役社長 日紫喜 誠吾
事業内容 ウエディング情報サービス事業

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社ウエディングパーク
経営本部 広報・宣伝  飛田/瀬川
代表 03-5414-2290
FAX 03-5414-2291
Email:pr_wp@weddingpark.co.jp

<これまでの調査例>
「ひとめぼれ経験」 / 「パートナーの体型」 / 「主婦休みの日」 / 「恋愛のかけひき」 / 「愛妻家」
「年上との恋愛」 / 「バレンタイン」 / 「父の日」・「母の日」 / 「愛情表現」 / 「理想の恋人像」/
「いい夫婦」 / 「ラブレター」 / 「愛を確かめる方法」 / 「女性の年齢」 「結婚と仕事」 /
「夫婦の隠し事」 / 「遠距離恋愛」 / 「理想の男性」 / 「手作り料理」 / 「片思い」
「女性としての自信」 / 「夏の身だしなみ」 / 「プロポーズ」」 / 「初恋」 / 「胸キュン」
以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]