logo

建機の自動化技術を保有する米国Built Robotics社との覚書締結について

住友商事株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員CEO:兵頭誠之、以下「住友商事」)は、米州住友商事会社(本社:米国ニューヨーク州、代表:中島正樹、以下「米州住友商事」)(以下総称して「住友商事グループ」)傘下の大手建機レンタル会社Sunstate Equipment Co., LLC(本社:米国アリゾナ州、以下「サンステート社」)を通じて、建機の自動化装置を開発するスタートアップ企業Built Robotics(本社:米国カリフォルニア州、以下「BR社」)との間で、自動化建機レンタル事業に関する覚書(以下「本覚書」)を締結しました。




サンステート社とBR社は、2020年中を目途に、BR社の自動化装置を取り付けた建機を、サンステート社の特定顧客に対してレンタル商品として提供するサービスを開始する計画です。

米国では、好調な国内経済や政府の景気刺激策などに支えられ、建設需要が拡大している一方、熟練工の高齢化や新規就労者の減少による労働者の不足が大きな課題となりつつあります。

BR社は、無人で掘削・積込・運搬などの作業を行う「建機の自動操業」の実現を目指し、後付け型の自動化装置の開発を行うスタートアップ企業です。多くの労働者や車両が作業する建設現場に導入できるよう、作業員、障害物、その他の車両を検知し衝突を回避し、緊急時には遠隔操作で停止する機能、設定区域内でのみ稼働する機能などを搭載し、安心・安全な自動化を目指しています。

サンステート社は、アリゾナ州他南西部11州で事業を展開し、約800種類の高所作業車や建機などを取り扱う、北米建機レンタル業界を代表する大手建機レンタル会社です。住友商事グループは、2018年に米州住友商事傘下のベンチャー投資ファンドを通じてBR社に出資しており、今般、サンステート社とBR社が本覚書を締結するに至りました。

住友商事グループは、テクノロジーの急速な発展により産業構造が大きく変化するビジネス環境下において、各組織の業界知見にデジタルテクノロジーを掛け合わせて既存ビジネスの高度化、新規ビジネスの創出、ビジネスモデルの変革を図るデジタルトランスフォーメーションを推進しています。本件もこの取り組みの一つですが、さらに今後も革新的な技術を保有するスタートアップ企業への投資とその企業が有する技術の活用を通じて、社会のニーズの変化や抱える課題を解決していきます。


<参考資料>
■BR社の装置を取り付けた自動建機
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]



■BR社の会社概要
会社名 : Built Robotics
事業内容 : 建機自動化装置の製造・販売
所在地 : 本社:カリフォルニア州サンフランシスコ
設立年 : 2016年
従業員数 : 30人

■サンステート社の会社概要
会社名 : Sunstate Equipment Co.,LLC
事業内容 : 高所作業車・建機他のレンタル事業
所在地 : 本社:アリゾナ州フェニックス
設立年 : 1977年
従業員数 : 1,823人(2019年3月末時点)

■住友商事のマテリアリティ(重要課題)
住友商事グループは『社会とともに持続的に成長するための6つのマテリアリティ(重要課題)』を、事業戦略の策定や個々のビジネスの意思決定プロセスにおける重要な要素と位置付け、事業活動を通じて課題を解決することで持続的な成長を図っていきます。本事業は、特に「地球環境との共生」「地域と産業の発展への貢献」に資する事業です。
[画像3: リンク ]


住友商事HP:リンク


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]