logo

FromプラネットVol.108<海外旅行に持っていきたい日本の日用品に関する意識調査>



[画像1: リンク ]


 国内1,300社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット (所在地:東京都港区、代表取締役社長:田上正勝)は、消費財や暮らしにまつわるトピックスをお届けする 『Fromプラネット』 の第108号として、海外旅行に持っていきたい日本の日用品に関する意識調査の結果をご紹介します。未掲載のデータもご提供できますのでお気軽にお問い合わせください。


海外旅行に日本から持参したい日用品1位は…夜寝る前に必要なアレ

 大型連休が近づいています。海外旅行を計画している人もいるかもしれません。今回は、「海外旅行に持っていきたい日本の日用品」をテーマにアンケートを実施。海外旅行に持っていきたい日用雑貨や医薬品、逆に旅先で入手してもいい日用雑貨・医薬品は何か、その理由などをまとめました。
 まずは、海外旅行に行くときに必ず持参したい日用雑貨は何かを聞きました。すると1位は「歯磨きセット」、2位は「ティッシュペーパー」。どちらも日本なら宿泊施設の備品として自由に使えますが、海外のホテルでは事情が違うため、持参する人が多いようです。また、「Fromプラネット」Vol.11(リンク)でも紹介しているように、日本の「ティッシュペーパー」は外国のものに比べ、品質的にもコスト的にも優れています。海外でわざわざ割高のティッシュを買って使おうという人は少ないと思われます。
 男女差に注目すると、トップ20のほとんどの項目で女性が男性を上回っていました。中でも、「洗顔料」「日焼け止め」「リップクリーム」「シャンプー・リンス類」は、30ポイント以上もの差がありました。女性のほうが、日本から持参したい日用雑貨が多いことは明らかです。
「必ず持参したい日用雑貨はない」と回答している人は10%以下。つまり海外に行っても“日本のものじゃないとダメなアイテムがある”人が、9割を超えていることになります。


[画像2: リンク ]




20代女性は海外にも半数以上が「マスク」を持参する 

 表1の結果について、さらに男女別の順位を調べました。すると、男性と女性とではかなり順位が入れ替わっていました。「洗顔料」「リップクリーム」「シャンプー・リンス類」など、女性では、全体と比べて大きくランクアップしているアイテムも。また、「ばんそうこう」「ウェット(除菌)シート」など、順位が男性と同じでも、女性のほうが数値そのものは高いことは見逃せません。

 性年代別に結果を見ると、高齢層ほど高い項目と、若年層ほど低い項目があることがわかりました。女性でランクアップしていた「洗顔料」「シャンプー・リンス類」は男女ともに若年層ほど高くなっています。
 ここで注目したいのが「マスク」。表1の結果を振り返ると、「マスク」は14位。“伊達マスク”で顔を隠す人もいるほど今や日本人の必須アイテムなのに、予想外の低いポジションでした。外国の街ではマスク姿の人は珍しく、マスクを着けるとかえって目立ってしまうのかもしれません。が、性年代別では、「マスク」が女性の20代で半数を超えていました。20代女性には海外でも「マスク」が欠かせないようです。
 一方で、「スリッパ」は男女ともに高齢層ほど高く、若年層とはかなり差がありました。海外にいても、部屋では靴を脱ぎたい人が、高齢層ほど多いのだと思います。
[画像3: リンク ]




“旅先で入手すればいい日用品”はない?

 次に、店やホテルの備品など、旅先で入手すればいいと思う日用雑貨は何かを聞きました。
 一見してわかるのが、表1の結果と比べ、全体的に数値そのものが低いこと。一方で、「旅先で入手すればいいと思う日用雑貨はない」人が、3人に1人以上います。また、男性のほうが上回っている項目が多いことも、表1とは対照的です。
[画像4: リンク ]



海外旅行に持参したい薬の1位…男性は胃腸薬、女性は頭痛薬

 今度は、海外旅行に行くときに必ず持参したい医薬品(市販薬)は何かを聞きました。トップ3は「胃腸薬」「かぜ薬・解熱剤」「頭痛薬・鎮痛剤」。海外では食事が合わないこともあるので、「胃腸薬」の1位は納得です。ただし、男女別では、女性の1位は「頭痛薬・鎮痛剤」でした。日用品同様、女性のほうが数値の高い項目が多く、反面で「必ず持参したい医薬品はない」は、男性が上回っていました。女性では「必ず持参したい医薬品」がある人が9割になる計算です。頭痛やかぜになったら楽しい旅も台なしなので、薬を持参したいのもうなづけます。
 さらに、旅先で入手すればいいと思う医薬品(市販薬)を聞いたところ(表5)、「旅先で入手すればいいと思う医薬品はない」と答えた割合は8割に上りました。医薬品については、日用品よりもさらに、“旅先・海外のものでのいい医薬品はない”とする人が多く、見知らぬ海外で薬を入手することには抵抗感が強そうです。
[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]




海外のものでは不安?…やはり、使い慣れた日本の日用品がいい

 これまでの調査から、日用雑貨や医薬品を日本から持参したい人は多いことがわかりました。そこで、日本のものを持っていきたい理由を聞いてみました。
 1位は「いつもの使い慣れているアイテム・銘柄だから」。旅先にあっても、いつもの自分に合ったアイテムを使いたいのは海外旅行に限らないとも言えますが、同じものが手に入りにくい海外では、なおさら強く思うことかもしれません。そう考えると、5位の「旅先・海外では入手できないかもしれないから」にも通じるところがあります。
 日本のものは「性能・品質が高く信用できるから」「成分・素材が安心だから(低刺激・無添加・日本製など)」が2位、4位に入りました。それの裏返しである「旅先・海外の製品では不安だから」も3位。日本の日用品・医薬品への信頼も大きな理由のようです。


[画像7: リンク ]




トイレ用に「水に流せるティッシュ」、硬水には「シャンプー・リンス」が必須

 海外旅行に持参したい日用雑貨や医薬品を自由回答で教えてもらいました。やはり、肌に触れるものや口・体に入れるものが多く挙がっていました。品質が信用できるというだけでなく、日本人の体質に合っているという安心感が大きいようです。特に医薬品については、言葉がわからないことや緊急時にすぐ手に入らないことを不安視する声もありました。日本のように、品質のいいものがいつでもどこでも入手できる環境は恵まれていますね。
 さらに、海外旅行で買って帰りたい日用雑貨を教えてもらいました。かわいいデザインや香りのいいものなど、価格も手頃な雑貨類はおみやげにもぴったり。その土地ならではのアイテムを見つけながら、旅を楽しんでください。


[表1: リンク ]



[表2: リンク ]



調査機関:インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチ『DIMSDRIVE』実施のアンケート「海外旅行に持っていきたい日本の日用品」。
期間:2019年3月6日~3月22日、DIMSDRIVEモニター3,870人から回答を得ています。

株式会社プラネットとは リンク
メーカー、卸売業、小売業がサプライチェーンとして連携し、生活者へのサービス向上を目指して進化を続ける日本の消費財流通を、情報インフラ運営で支えている上場企業(証券コード2391)です。

From プラネットとは リンク (バックナンバーもご覧になれます)
株式会社プラネットが発信しているニュースレターです。消費財や暮らしに関する旬なトピックスなどをご紹介しています。

本件に関するお問い合わせ先
(感想や取り上げてほしいテーマなどもお寄せください。今リリースに掲載していない結果や属性データもご紹介できます)
株式会社プラネット 広報部(河合、角田)
Tel : 03-6432-0482 / E-mail : koho-pr@planet-van.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]