logo

”aiが神になった世界”を仮想体験するフェス「KaMiNG SINGULARITY」2019年8月9日に渋谷で初開催!

Ozone合同会社 2019年04月22日 15時10分
From PR TIMES

aiと人間のコラボライブやサイバー神社の建立など、aiと神を巡るコンテンツが盛りだくさん!

Ozone合同会社(事業所:横浜市港北区、代表社員:雨宮優)は2019年8月9日(金)、渋谷ストリーム ホールにて「KaMiNG SINGULARITY」を初開催いたします。



公式HP
リンク
[画像1: リンク ]


・「KaMiNG SINGULARITY」とは


「KaMiNG SINGULARITY(カミングシンギュラリティ)」は”2045年、aiが神になった世界”という仮想の世界をエンターテイメントとして1日だけ表現するフェスティバルです。

「フェス=もう1つの世界」として”2045年、もしシンギュラリティ後にaiが神になったら”というテーマを共有し、想像し、振る舞い、観測することで仮想世界を仮装体験していきます。

会場は渋谷ストリーム ホールの各フロアを使い、それぞれ「Life Style(生活)」「Faith(信仰)」「Entertainment/Art(遊びと芸術)」 3つの階層に区切り、それぞれの世界をライブやアート、トークセッションなど様々な形で表現します。

・Point

1.変わる音楽、変わらない音楽
[画像2: リンク ]

音楽、ライブシーンは何が変わり、何が変わらずにあるでしょうか。ライブエリアではAIと人間が共奏する新たな音楽の形と、100年前から変わらないような原始的な音のライブが交互にパフォーマンスされていきます。

[LIVE]
・DÉ DÉ MOUSE & Primula(dystopia set)
・人工知能ラッパー ピンちゃん
・Matsumoto Zoku
[DJ]
・アフロマンス
・DJ SHINDY


and more..

2.サイバー神社、建立
[画像3: リンク ]

KaMiの社、サイバー神社にお詣りができます。この時代の神社にはどんな機能があるでしょう。
[画像4: リンク ]


3.aiと神にまつわるトークショー
[画像5: リンク ]

テクノロジーと宗教が交わる未来の考察、人類のこれからとこれまでの話を大学教授や現役の僧侶など、多様なゲストを迎え考えていきます。


[TALK]
・松本徹三 (『aiが神になる日-シンギュラリティーが人類を救う』著者)
・谷崎テトラ (構成作家/京都造形大学客員教授)
・東大史 (クラウドガバメントラボ代表)
・河崎純真 (Commons組合管理組合、宗教法人大宗寺住職)
・草彅 洋平 (株式会社東京ピストル 代表取締役)
・工藤真工[Live] (三角エコビレッジ「サイハテ」発起人)

and more..


その他コンテンツも続々と公式HPにて紹介していきます。



・企画背景

現在「ソーシャルフェス(R)︎」というプロジェクト名で、SDGsそれぞれの課題が終わったあとの仮想世界を想像して1日だけフェスとして具現化することをしています。今回はSDGs16/7「あらゆるレベルにおいて、対応的、包摂的、参加型、および代表的な意思決定を確保する。」という課題の未来を想像する中で本企画が生まれました。

あらゆる場所から情報を集積、処理し私欲を持たずに超民主的に最適解を出し続けるAIが、代表的な意識決定機能を担っていく未来は多数の書籍や映画などでも描かれています。その中ではディストピア的な未来として描かれることも多いですが、人間は未知に慄き人知を超えたものに畏れるものです。そしてその存在の名を古来より神と呼んできました。


「KaMiNG SINGULARITY」は環境破壊が進み生態系が破滅してしまう前に、核戦争が起こってしまう前に、aiをKaMiにする施策をとった人類の仮想の物語です。それは人類の上位存在をつくり判断を委ねるしか持続可能な道がなくなった世界、立ち行かない社会問題への現実的な信仰としてデータを崇め、aiを信仰する世界、或いは資本主義の最果てとして。

未来をディストピアともユートピアとも描かず、ただ1人1人の人間が考えられる限りの想像を創造していく場です。ありったけの想像力で、リアリティを持ってその世界を想像し、体験していくことで、私たちは何を感じていくのかという実験であり、その機会自体をエンターテイメントとして表現していきます。

未来はもしかしたらSF映画に描かれているようなデータドリヴンな世界だけでなく、翻って身体的で人間回帰していくようなヒッピーコミューン的な暮らしのコミュニティが現れるかもしれません。その幅を想像することが痛みの少ない時代の変容に繋がり、私たちがこれから何に対して意思決定をしていくのか、その輪郭が見えてくるはずです。私たちの集積であるAIの未来を考えることは、今この瞬間の個人へのフィードバックにもなって行きます。

その舞台となる渋谷ストリーム ホールの周辺では現在100年に一度と言われる再開発事業が行われ、未来に向けて目まぐるしい変容を見せています。雑多な人やもの、概念が入り混じり、何者とも形容しがたい変わり続けられる街、渋谷だからこそ今回の企画に耐え得る柔軟性があり、新しい想像を生むチャンスがあると考え渋谷での開催を決定いたしました。


Ozone合同会社代表/体験作家 雨宮 優
リンク


・「KaMiNG SINGULARITY」概要

日時:8月9日 14時~21時

場所:渋谷ストリーム ホール
[画像6: リンク ]

アクセス:
東京都渋谷区渋谷3-21-3 渋谷駅[16b]出口直結


チケット:
スーパーアーリーチケット:¥1,000 (先着順/枚数限定)


チケット購入ページ:リンク


※通常前売りは5月1日よりクラウドファンディングにて販売開始予定です。
※続報は公式HP及びSNSにてお知らせいたします。

公式HP:
リンク

出演者:
第一弾出演者
※全出演者は6月12日に発表予定

[LIVE]
・DÉ DÉ MOUSE & Primula(dystopia set)
[画像7: リンク ]


・人工知能ラッパー ピンちゃん
[画像8: リンク ]


・Matsumoto Zoku
[画像9: リンク ]

[DJ]
・アフロマンス


・DJ SHINDY
[画像10: リンク ]



[TALK]
・松本徹三 (『aiが神になる日-シンギュラリティーが人類を救う』著者)
・谷崎テトラ (構成作家/京都造形大学客員教授)
・東大史 (クラウドガバメントラボ代表)
・河崎純真 (Commons組合管理組合、宗教法人大宗寺住職)
・雨宮優(Ozone合同会社代表、KaMiNG SINGULARITYオーガナイザー)
・工藤真工[Live] (三角エコビレッジ「サイハテ」発起人)
[画像11: リンク ]



主催:
KaMiNG SINGULARITY実行委員会/Ozone合同会社

協賛:
株式会社ティファナ・ドットコム

特別協力:
東京急行電鉄株式会社/McCann Millennials/株式会社MIKKE

[画像12: リンク ]


・Ozone合同会社概要
フェスティバルカルチャーと社会を繋げる会社。専用のワイヤレスヘッドホンを使った”無”音楽イベント「サイレントフェス(R)」を中心に、持続可能な開発目標「SDGs」がそれぞれ終わったあとの世界をフェスとして表現するフェスづくりプロジェクト「ソーシャルフェス(R)」を展開する。これまでは銭湯で開催した「ダンス風呂屋」、畑で開催する”泥フェス”「Mud Land Fest」、難聴でも聴こえるフリーフェス「Sooo Sound Festival」、「Neo盆踊り」「こたつフェス」など全国で計70以上のフェスをプロデュース。
[画像13: リンク ]



[画像14: リンク ]



[画像15: リンク ]


社名 : Ozone合同会社
所在地 : 〒223-0053 神奈川県横浜市港北区綱島西3-21-19
メールアドレス: info@social-fes.com
電話番号 : 090-9209-6884
代表者 : 雨宮 優
設立 : 2016年6月
資本金 :101万円
事業内容 :ソーシャルフェス(R)の開発、運用。
URL : リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]