logo

建築を学ぶ日本・フランスの学生が金沢の新たな文化資源を発見し提案するワークショップ成果発表会を開催

学校法人金沢工業大学 2019年04月17日 18時41分
From 共同通信PRワイヤー

2019年4月17日

金沢工業大学

建築を学ぶ姉妹都市ナンシー市の学生たちが金沢の文化資源を発見し提案
国際ワークショップ「生き続ける金沢の歴史的都市・建築空間」
成果発表会・講評会を開催します
開催日 4月19日(金) 14時~18時
会場 金沢学生のまち市民交流館 交流ホール(金沢市片町2丁目5番17号)

国際ワークショップ「生き続ける金沢の歴史的都市・建築空間」の成果発表会・講評会を、4月19日(金)14時から18時まで、金沢学生のまち市民交流館 交流ホール(金沢市片町2丁目5番17号)で開催します。
「生き続ける金沢の歴史的都市・建築空間」は、建築を学ぶ日本・フランスの学生らが、金沢の新たな文化資源を発見し提案するワークショップで、4月12日(金)~4月19日(金)の期間をかけて行われます。学生と教員は金沢の野町・寺町エリアを街歩きし、市民との対話を繰り返しながら金沢の豊かな文化資源を発見。それらをもとに建築プロジェクトの提案をまとめ、最終日の成果発表会・講評会で発表します。

ワークショップには、下記の3校の学生36名と教員4名が参加します。
・ナンシー国立高等建築学校(学生11名、Anne Scheou准教授)
・東京理科大学(学生16名、理工学部建築学科 山名善之教授)
・金沢工業大学(学生9名、建築学部建築学科 竹内申一教授、戸田穣准教授)

11のグループによって提案されるプロジェクトは、「間」「奥」「町屋」「坪庭」「境内」「柱」等のコンセプトによって様々な金沢の諸相が切り取られ、「日本の美の再発見」として提案されます。
金沢市の姉妹都市・ナンシー市で建築を学ぶ学生たちは、日本の学生との交流を通し、どのような金沢の文化資源を発見し、プロジェクトとして提案するのでしょうか。ご期待ください。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]