logo

日本視覚障害者柔道連盟とオフィシャルトップパートナー契約を締結(ニュースリリース)

 大和ハウスグループの株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区 社長:奥村洋治)は、特定非営利活動法人日本視覚障害者柔道連盟(※1)(事務局所在地:東京都文京区 会長:竹下義樹、以下JBJF)との間で、「オフィシャルトップパートナー」の契約を締結しました。

 当社は、「お客様と共に新たな価値を創り、活かし、高め、人が心豊かに生きる社会の実現を目指す」というグループ経営ビジョンのもと、総合建設業として建築、インフラ、まちづくりを手がけてまいりました。

 JBJFが目指す「障がい者スポーツが今以上に広がっていき、関わる全ての人々を取り巻く環境をより向上させ、誰もが住みやすい社会づくりに繋げていくこと」は、グループ経営ビジョンにある「心豊かに生きる社会の実現を目指す」と合致するものであり、このたびその趣旨に賛同しJBJFとオフィシャルトップパートナー契約を締結するに至りました。

 フジタは、JBJFとともに、障がい者の柔道競技のさらなる普及と発展を応援してまいります。

※1 特定非営利活動法人日本視覚障害者柔道連盟について
 視覚障がい者に対して、柔道の普及発展を促進する事業を行い、視覚障がい者の社会参加と自立を図り、もって視覚障がい者の人間形成に資することを目的として設立されました。
(URL: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]