logo

GEアディティブ、三菱商事テクノスとアディティブ製造事業における業務提携を開始

GEジャパン株式会社 2019年04月16日 09時00分
From PR TIMES

コンセプトレーザー社製金属3Dプリンターの、日本における総代理店に指定

【東京2019年4月16日】 GEアディティブはこのたび、三菱商事テクノス株式会社(東京都港区、代表取締役社長 依田 智樹)と業務提携を開始し、同社をGEアディティブ傘下コンセプトレーザー社製レーザービーム方式(DMLM)金属3Dプリンターの、日本における総代理店に指定しました。



この契約は、3Dプリンターを活用したアディティブ製造(アディティブ・マニュファクチャリング、積層造形、付加製造、AM)導入への国内の関心とニーズの高まりに対応するものです。

[画像: リンク ]


GEアディティブは、金属3Dプリンターや造形材料のほか、企業へのアディティブ製造技術の新規導入を加速させるため、アディティブ製造のコンサルティング・サービスAddWorks(TM) を提供しています。今回の契約対象となるコンセプトレーザー社製の金属3Dプリンターは、レーザービーム方式(DMLM)のプリンターで、金属粉末の層を溶かすためにレーザーを使用し、3D CADファイルから直接プリントすることにより、複雑な形状を正確に造形します。GEアディティブでは、このほかにアーカム社の電子ビーム方式(EBM)の金属3Dプリンターを有しており、引き続きGEアディティブおよび既存の代理店経由にて販売します。

GEアディティブ 日本統括責任者であるトーマス・パンは次のように述べています。「国内のアディティブ製造への期待と関心の高まり、それに伴う金属3Dプリンターへの旺盛な需要に対応するため、三菱商事テクノスと協力できることになり、大変うれしく思います。工作機械の販売や工場設備の提供などを幅広く展開される同社との協働で、航空宇宙、自動車、重工業をはじめとする様々な産業に、アディティブ製造がもたらす効果と無限の可能性をこれまで以上に積極的に紹介して参ります」

三菱商事テクノス株式会社の代表取締役社長、依田智樹氏は「世界では急速にアディティブ・マニュファクチャリング市場が拡大しております。その業界を牽引するGEアディティブと業務提携できたことを非常に誇りに思っております。GEは装置のプロバイダーであるだけでなく、エンドユーザーとして長年3Dプリンティングを製造現場で利用し蓄積してきた実用的なノウハウを提供できる『ユーザー・セラー』であり、国内ネットワークが豊富な当社と協業することで国内のお客様へも最適なソリューションを提供できると自負しております。アディティブ・マニュファクチャリングは製造業に破壊的革新をもたらす可能性を秘めており、当社としても業界のニーズに応えられるビジネス基盤をいち早く築き、ものづくりの発展に貢献していく所存です」 と述べています。

GEアディティブは、昨年1月に国内での事業部を発足し、同6月に事業の本格始動を発表しました。業界の有力調査会社のSmarTech Publishingによれば、世界のアディティブ製造市場への投資は今後10年で2,800億ドル以上に拡大すると見込まれています。GEアディティブは、航空宇宙、自動車、重工業をはじめとする主要産業を中心に、日本国内の企業に対して直販および国内の代理店を通じて金属3Dプリンターと造形素材の販売、コンサルティングサービスの提供を行っています。

###

三菱商事テクノス株式会社について
三菱商事テクノスは1971年7月に工作機械を販売する商社として設立され、工作機械に加えて組立ライン、ロボット、搬送装置、洗浄機、塗装装置、測定・検査装置などの工場設備を取り扱う専門商社である。同社は設備ハード面での提案だけでなく、生産技術、ファイナンス、設計計画、素材・資機材調達のコンサルティングなどソフト機能を併せもち幅広い分野に顧客を持つ一方、対面業界別に事業部を配置し専門性の高いものづくり支援を提供している。

アディティブ製造について
アディティブ製造は、その無限の可能性で世界の常識を変えています。すでに製造の現場にディスラプション(破壊的な変革)をもたらし、設計や製造工程を加速させています。アディティブ製造技術は、より軽く、強く、効率の良い部品を作ることで製品のパフォーマンスと品質を高めます。3D CAD データをベースに、材料を幾何学的形状に重ね上げ、「積層または付加」してモノを作り出す製造方法であり、通常の製造において材料を切削し、「除去」加工する工程とは真逆の発想です。

GE アディティブについて
GEのアディティブ製造(積層造形、金属3Dプリンティング)事業部、GE アディティブ( www.ge.com/additive/what_we_do_japan )は、ビジネスに革命的な変化をもたらす先駆的なプロセスであるアディティブ製造技術において世界を牽引しています。最先端の金属 3D プリンターシステム、質の高い造形材料、およびアディティブ製造における長年の知識と経験に基づくコンサルティング・サービスを総合的に提供し、顧客企業が画期的な新製品を開発・製造するための支援をします。アディティブ製品は、企業の様々な設計や製造上の課題を解決し、ビジネスメリットをもたらし、ひいては世界をより良い方向に変えていきます。GE アディティブには、金属 3D プリンターメーカーのコンセプトレーザー社およびアーカム社、材料プロバイダの AP&C社が含まれます。* GE の商標は 1 カ国もしくは複数の国で登録されている可能性があります。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]