logo

アボット、生化学・免疫インテグレーション装置Alinity(R) ci シリーズを新発売

アボット ジャパン株式会社 2019年04月15日 18時40分
From PR TIMES

・Alinity(R)ファミリーは、アボットの最先端のスクリーニング検査システム製品シリーズです。
・Alinityファミリーは、小さい設置面積・効率性・柔軟性および高度な正確性が特徴で、
使いやすさ・統一性・共通のインターフェースを兼ね備えた検査室全般にわたる装置を構成します。

2019年4月15日-アボット ジャパン株式会社(本社: 東京都港区、以下、アボット)は本日、生化学・免疫インテグレーション装置Alinity(R) ci シリーズ(販売名:Alinity i システム、医療機器届出番号:12B1X00001000032)を、発売いたします。
Alinity ciシリーズは、短時間で多くの検査を行うとともに、小さい設置面積でいくつもの機材を用いることなく大量の検査を行うことを可能にする柔軟性を特長としています。

今日、医療機関の検査部門は限られた資源とコストでより多くの業務を求められています。今後さらに高齢化が進み、慢性疾患の患者が増える中、検査量が増加することにより、検査部門の負担が大きくなることが想定されます。2025年までには、日本の人口の30%近くが65歳以上になり[1]、国民医療費は48兆円に達すると予測[2]されています。医療費と臨床検査に対する需要が増加する中で、検査部門はコストを削減しながら患者ケアを改善するために価値を提供することが求められています。

アボット ジャパン株式会社 代表取締役社長 天野総太郎は、「アボットのAlinity ciシリーズは、検査室が検査結果をより迅速に臨床へ提供することをサポートできるよう、また進行する高齢化と増大する慢性疾患、医療アクセスの向上などによる検査数の増加にも効率よく対応できるよう設計されております。私どもは、Alinity ciシリーズと業務分析とインフォマティクスを組み合わせた弊社製品AlinIQとで定量的医療の質向上へ貢献できることを願ってやみません。」と述べています。

■Alinity ciシリーズについて
Alinity ci シリーズは、小さい設置面積で高性能という特長に加え、多くの顧客から寄せられた知見に基づいた、以下の機能を有しています:
・ 作業を中断することなく、検体や試薬の架設および別レーンでの緊急検体の処理が可能です。
・ 溶液や消耗品をいつでも供給でき、長時間装置を止めたり検査を中断したりすることなく、新たな溶液の架設が可能です。
・溶液ボトルは鍵と鍵穴のように設計され、正しい溶液ボトルは正しい箇所にしか架設できません。
・Alinityファミリー全機種で共通の直感的かつ簡単に操作可能なインターフェースは、検査室の限られた人員体制に貢献します。

Alinityシリーズでは、全自動化学発光免疫測定装置Alinity iと全自動総合血液学分析装置Alinity hシリーズを2017年に発売しています。
Alinityシリーズは、免疫検査・生化学検査・ポイントオブケア・血液学検査・血液製剤スクリーニング検査及び遺伝子検査を含む、スクリーニング検査システムの製品シリーズです。

■Alinityについて
Alinityの製品ラインには生化学検査、免疫検査、血液製剤スクリーニング検査、ポイントオブケア、血液学検査、遺伝子検査の各装置があり、これらに加えてAlinIQという、業務分析とインフォマティクスを組み合わせた新しいプロフェッショナルサービスがあります。
Alinityは、少ない人員で患者さんにより良い医療を提供するという検査室と医療機関にとっての最も重要な課題を解決致します。詳しくはこちらをご覧ください。abbott.com/alinity。
Alinity i(販売名:Alinity i システム、医療機器届出番号:12B1X00001000032)
Alinity hシリーズ(販売名:Alinity hシステム、医療機器届出番号:12B1X00001000033)
Alinity、AlinIQはアボット・ラボラトリーズの登録商標です。

■アボットについて
アボットは、人々が人生のあらゆるステージにおいて最高の人生を送ることができるようサポートするグローバルヘルスケアリーダーです。業界をリードする診断薬・機器、医療機器、栄養剤、およびブランド ジェネリック医薬品分野の事業および製品を含め、人々の生活に大きな影響をもたらす画期的なアボットの技術は、ヘルスケアの広範な領域にわたっています。現在、世界160カ国以上で、約103,000人の社員が活動しています。

アボット(www.abbott.com)、アボット ジャパン(www.abbott.co.jp)、フェイスブック(www.facebook.com/Abbott)、ツイッター(@AbbottNews、@AbbottGlobal)も合わせてご参照ください。

[1] 平成30年版高齢社会白書
[2] 内閣府資料 2040年を見据えた社会保障の将来見通し

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]