logo

カロッツェリア パワードサブウーファー「TS-WX400DA」を発売

~コンパクトボディで豊かな重低音再生を実現~



[表: リンク ]


[画像: リンク ]

パイオニアは、コンパクトボディで豊かな重低音再生が可能なカロッツェリア パワードサブウーファー「TS-WX400DA」を発売します。独自の「ダウンファイヤリング方式」と大口径ウーファーを採用することにより、小型サイズでありながら高出力な低音再生を実現しています。

カロッツェリア 2019夏 新商品:
リンク

【主な特長】
1) コンパクトボディで豊かな重低音再生を実現
スピーカーユニットを下向けに設置する独自の「ダウンファイヤリング方式」と大口径ウーファーを採用し、低音の放射効率を上げることにより、小型サイズでありながら高出力な低音再生を実現しています。これまで小型のサブウーファーでは物足りなかったSUVやミニバンでも力強い低音を楽しめます。

2) 2種類の重低音モードを搭載
DSPイコライザー「DIGITAL EQ」でチューニングした2種類の重低音モード(階調豊かで深みのある低音を再生する「DEEP」/力強い低音を再生する「DYNAMIC」)を搭載しており、付属のワイヤードリモコンで音楽のジャンルや気分に合わせて切り替えることができます。

3) シート下やトランクへの取付が可能
スペースユーティリティに優れたコンパクトサイズ(高さ100mm、横幅300mm、奥行き200mm)で、シート下やトランクへ取り付けることができます。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]