logo

総合保育サービス<明日香>、東京都の創業支援施設<Startup Hub Tokyo>にて、一時保育サービス提供開始!

株式会社 明日香 2019年04月15日 11時00分
From PR TIMES

~育児の負担を軽減することで、女性起業家をサポート!アンケート調査、女性が開業時の家事・育児の分担「女性自身が行う」が60.1%~

 総合保育サービスを提供している株式会社 明日香(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 :萩野 吉俗、以下 明日香)は、2019年4月1日より東京都の創業支援施設<Startup Hub Tokyo>(所在地:東京都千代田区)にて、一時保育サービス提供を開始しました。
 <Startup Hub Tokyo>は、育児・家事の負担が女性起業家を輩出しにくい状況を生んでいる問題を受け、女性起業家を支援する観点から、事業開始当初から施設内にキッズルームを設置し、一時保育サービスの提供を行っておりました。今回<明日香>が、ここの一時保育のサービスを受託します。




■明日香、<Startup Hub Tokyo>での一時保育サービス開始!:
リンク

[画像1: リンク ]



女性起業家の家事・育児負担6割越え!保育面で支える明日香


[画像2: リンク ]

 東京都内の開業率を10%まで引き上げることを目指して東京都が2017年に開設した創業支援施設、<Startup Hub Tokyo>。施設内には起業経験者が創業支援コンシェルジュとして常駐し、起業に関する相談を受け付けているほか、起業に役立つセミナーやイベントをほぼ毎日開催しています。

 日本政策金融公庫が発表した調査月報によると、女性起業家の家事・育児の分担として「女性自身が全て行う」「女性自身がほとんど行う」と回答した人が60.1%と、男性の起業家の10.3%に対して圧倒的に高い結果になりました。

東京都ベビーシッター利用支援事業の参加事業者でもある<明日香>は、東京都の開業率アップに貢献すべく、安心・安全で質の高い保育サービスを提供し、子育て・保育の面から女性起業家のサポートをしてまいります。
(▼Startup Hub Tokyo:リンク


保育所不足の解消と、保育士に活躍の場を提供する<明日香>のサービス

 <明日香>では、子育て環境の変化と多様化する保育ニーズに応え、様々な形で子育てをサポートしています。法人向け保育サービス・ベビー&キッズシッターサービス、保育施設でのお仕事紹介(派遣・正職員紹介)など、保育専門会社ならではの視点と、充実した教育・研修制度を活かして、多角的なサービスを展開。保育所不足による待機児童問題や、保育免許を保持してながらも活躍できる場がない潜在保育士の課題解決にも貢献できるとして、業界全体の活性化を目指しています。

[画像3: リンク ]


■会社概要
企業名 :株式会社 明日香
本社  :神奈川県横浜市西区北幸1-4-1 天理ビル9F
代表者 :代表取締役 萩野 吉俗
事業内容:・保育室の設置・運営(院内保育室、企業内保育室、認可保育所)
     ・自治体と連携した子育て支援事業
      (児童館、放課後児童クラブ、子育て支援拠点、こども広場等の運営)
     ・保育に関わる人材の派遣・紹介(保育士・幼稚園教諭・看護師・栄養士など)
     ・居宅訪問型子育て支援(ベビー・キッズシッターサービス、家事代行サービス、自治体委託業務)
     ・臨時保育室の設置・運営(イベント時保育サービス)
     ・保育に関わる人材の教育(研修会、講演会、各種セミナーの開催)
     ・新規保育事業の開発及びコンサルティング
公式HP :リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]