logo

幻の『エチオピア・ゲイシャ』ゲイシャ村まつり。サザコーヒー

株式会社 サザコーヒー 2019年04月13日 10時40分
From PR TIMES

美しく強い あまい香り「ゲイシャコーヒー」の故郷 。ようこそ!幻のエチオピア・ゲイシャ村まつりへ

4月26日(金) JR東京駅近の サザコーヒー KITTE丸の内で 『イベント・ゲイシャ村 まつり』を行います。コーヒー業界を揺るがす 超高級コーヒー『パナマ ゲイシャ』と幻のコーヒー産地『ゲイシャ村 リポート』。 日本のトップバリスタや世界チャンピオンがいれる「パナマ ゲイシャ」と「エチオピア ゲイシャ」の美しく強い あまい香り を比べて たのしみましょう。世界初の「ゲイシャコーヒー専門店」サザコーヒーKITTE 丸の内店。ゴールデンウイークは あなたのための『ゲイシャ村まつり』。サザコーヒー全店で「パナマ・ゲイシャ、エスメラルダ農園」や「エチオピア・ゲイシャ村」が たのしめますぜひお越しください。サザコーヒー全店でのゲイシャ村まつりフェアーは4月26日から5月6日まで。リンク



コーヒーイベント「ゲイシャ村 まつり」サザコーヒー

場所:サザコーヒーKITTE丸の内店:東京駅前丸の内(JPタワー元東京中央郵便局1F、東京駅丸の内南口2分)
日時:4月26日(金) 時間11:00ー19:00
URL: リンク

(12時・17時)
◇ 講演「ゲイシャコーヒーのひみつ」試飲のみくらべ・おいしいいれ方
コーヒーのゲイシャについて、驚きの高級コーヒー!モカとゲイシャの歴史を飲んで楽しめるセミナー。
・講師:鈴木太郎 サザコーヒー代表、原料購買責任者、ベストオブパナマ コーヒー品評会国際審査員。


(14時・15時・16時)
◇ 飲める『チャンピオン バリスタトークショー』
日本のトップバリスタや、サイフォン世界チャンピオンが『ゲイシャコーヒー』(エチオピアゲイシャ・パナマゲイシャ)を世界のコーヒー業界トップレベルで提供します。
・参加バリスタ 元川千鶴サイフォンバリスタ 元世界チャンピオン、石谷貴之バリスタ 元日本チャンピオン、本間啓介バリスタ 日本ランキング3位、他予定

(18時)
◇ 大人のゲイシャコーヒーの集い
世界的なトレンドのコーヒー「パナマゲイシャ」や「モカゲイシャ」の大人の嗜み方の提案など。
提供物の一部にアルコール飲料があるので、未成年のお客様が参加できない試飲できないものがございます。
・講師:鈴木太郎、石谷貴之、本間啓介、他予定
[画像1: リンク ]



また、サザコーヒー全店で4月26日~5月6日まで『ゲイシャ村まつり』イベントのコーヒーが楽しめます。
参加店舗、サザコーヒー本店(茨城県ひたちなか市)、サザコーヒーKITTE丸の内店(旧東京中央郵便局1F)、サザコーヒーエキュート品川店(JR品川駅構内)、サザコーヒー二子玉川店(ライズショッピングセンター地下1F)、サザコーヒー水戸駅店(JR水戸駅)、サザコーヒー大洗店(茨城県大洗町)など14店舗。

『パナマゲイシャ』と『エチオピア』
パナマ2004年のコーヒーの品評会で、世界中から集まったコーヒー審査員は『それまでにない甘い香りのコーヒー』に出会いました。出品したのは『エスメラルダ農園』で、それまでにない驚きの甘さと香り。サザコーヒーはおいしい「パナマゲイシャ」が好きになり、パナマゲイシャの故郷エチオピア・ゲイシャ村へ行き「エチオピアゲイシャ」を探してきました。感動的な『ゲイシャコーヒー』を経験できます。


[画像2: リンク ]



★︎ パナマゲイシャ( ¥3000 )
世界一有名なコーヒー農園『 エスメラルダ農園 』
パナマゲイシャに出会った世界中のコーヒーマニアはそのコーヒーの種がどこから来たのかに注目しました。パナマでこのゲイシャコーヒーの栽培し品評会に出品したのは、エスメラルダ農園(La Hacienda Esmeralda)で、2017年、2018年のベストオプパナマ優勝の『世界一のパナマゲイシャ』もの、エスメラルダ農園プライベートオークションものなども取り揃えております。


[画像3: リンク ]


★︎ エチオピアゲイシャ( ¥2000 )
モカ・ゲイシャの原産地コーヒー『 ゲイシャ村 』
パナマゲイシャはコスタリカの農業試験場を通じエチオピアの「カファー地方」から来たことがわかりました。
そこには3カ所「ゲイシャ」を思わせる名前の村があり、サザコーヒーはゲイシャ村を探し「ゲイシャ村コーヒー」を手に入れました。ゲイシャ村のコーヒー味はパナマゲイシャ並みに甘く香り、強くおいしさの多様性を感じる。エチオピアのカファー県のゲイシャ村へ出向き無尽蔵にあるコーヒーの中から20種類のゲイシャを買い付けました。その中のおいしいものを楽しんでいただこうと思います。(ここまでの記事を読まれた方は、薄々 ご存知だと思いますが、コーヒーのゲイシャと日本の芸者とは全く関係がございません。)
[画像4: リンク ]



★︎ モカ・ゲイシャ『幻のブレンド』( ¥1000 )
もともとエチオピアのコーヒーはアフリカ大陸で産れたものを紅海対岸のアラビア半島イエメンのモカ港から世界に輸出された『モカコーヒー』の一部でした。エチオピアのゲイシャ村のコーヒーも含め、最優良モカの特徴は、凄みのある甘い香りで、昔のコーヒー関係者の中にも一目惚れして「モカに狂う」方がおられました。コーヒーの栽培から国際商品となって日本に届くまでの道のりは長く謎で、一生に一度出会えるかどうかのコーヒーに出会ってしまった場合、そのコーヒーに再び出会うために旅に出ますが、同じものに出会えた話を聞きません。しかしお
いしいモカにエチオピアゲイシャをブレンドすることにより最高の思い出に出会えます。


[画像5: リンク ]


★︎ コロンビア・ゲイシャ『サザコーヒー農園(特別品)』( ¥3000)
サザコーヒーはコロンビアに25haのコーヒー農園があり、パナマからゲイシャコーヒーを持ち込み3haゲイシャを植えております。サザコーヒーの鈴木太郎が熱意で育てているゲイシャ。


★︎ブラジル・ゲイシャ ★︎ボリビア・ゲイシャ ★︎カルフォルニア・ゲイシャ ★︎グアテマラ・ゲイシャ  他

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]