logo

言うなれば”フレグラスレザー”糸杉の爽やかな香りがする「AROMA Touring Bag」に新色「BLACK」「Olive GREEN」が登場

イサムインターナショナル株式会社 2019年04月13日 10時40分
From PR TIMES

「DaVinci FARO」イタリアのスローライフから生れた大人のカジュアルバッグの代表格。

ダビンチファーロは、バッグ界のマエストロ、ガブリエル・カンデローリ氏の実の息子、アレクサンドロ・カンデローリ氏が手がける新鋭ブランド。偉大な父から学んだ伝統の技を確実に受け継ぎながらも、そのテイストは父の生み出すバッグとは全く異なるモダンでスポーティーなもの。ダヴィンチファーロはそんな彼が”今本当に使いたいもの”を具現化したコレクションです。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

世界初のフレグラスレザーとは、「イタリアのいい香り」そのものである。

イタリア語で「チプレッソ」と呼ばれる、糸杉(=西洋ヒノキ)は、トスカーナ地方の庭園など並木道に植えられていることが多い象徴的な樹木です。
その樹液を加えたベジタブルタンニンで原皮を鞣して出来上がったのがこの革で、爽快でフレッシュな、どこか柑橘類を彷彿とされる香りを漂わします。とはいえ強烈な匂いがする訳ではなく、あくまでも優しく香り、愛用するフレグランスなどとも喧嘩しない控えめなアロマが特徴です。

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]



豊穣の地トスカーナを彷彿させる高い樹木の並木道。記憶に残るイタリアの香り。バイクでこの路を往くアレクサンドロは、この香りを身に纏うという=心の満喫を想いイタリアで初めて、植物渋タンニン鞣しの革に、このチプレッソの香りを込めた。

Point.01

[画像7: リンク ]

前面のポケットは横長収納のジッパー式となっている。スマートフォンなども収納できるサイズなので、
何かと重宝するポケット。

Point.02

[画像8: リンク ]

皮革を三つ折りにした使用の持ち手(ハンドル)。
トートバッグとして肩にかけるときにもこの風合いが肩に優しい。

Point.03

[画像9: リンク ]

メインの開閉は、手間の取らない「マグネットボタン式」

Point.04

[画像10: リンク ]

内部の背面側のジッパーポケットは大きめのサイズ。貴重品(財布など)もしっかり入る容量を確保している

point.05

[画像11: リンク ]

メイン収納部:A4ファイルはもちろん、大きめの雑誌(マガジン)も余裕で治る容量を確保しています。

point.06

[画像12: リンク ]

内部にはマジックテープ留めの大きめのポケットやタブレットなども収納可能なオープンポケットなど便利なポケットを配置。

AROMA Touring Tote Bag

小旅行や家族との外出などに最適。経年変化で育つレザーのものなら、持つこと自体も楽しさになってきます。
このフレグランスレザーによるチプレッソの香りに優しく包まれた荷室内には、ファスターポケット、ベルクロポケット、さらに2つのオープンポケットが配置され、シンプルデザインに機能性が織り込まれたトートバッグです。
[画像13: リンク ]

AROMA Touring Tote Bag ¥60,000(+tax)
SIZE:W360×H370×D105mm
COLOR:OLIVE GREEN

詳細はこちら
リンク

[画像14: リンク ]

AROMA Touring Tote Bag ¥60,000(+tax)
SIZE:W360×H370×D105mm
COLOR:BLACK

詳細はこちら
リンク

海を越えてリスペクトされる若きディレクター「アレクサンドロの企て」

いまや日本でも、アレクサンドロのダビンチ ファーロはメジャー誌上でイタリアンカジュアルやバッグ特集や
イタリアンバイク、ライフスタイル、リゾート・サーファーなどの記事で積極的に紹介されて、目にする機会が増えてきた。
しかし、いざこのバッグを手にしたとき、大人の男たちの目の色は一様に変わってしまう。なぜなら、ここまで使い勝手がよくて洒落た、仕事や休日のライフスタイルで活用できるカジュアルバッグは、これまでなかったから。

[画像15: リンク ]

[画像16: リンク ]

イタリアのバイク乗りのための若者がデザインしたバッグとばかり思っていたら、その考えはすぐ覆されてしまうはずだ。
仕事の書類やパソコン、ランチボックスにペットボトル、アフターファイブのランニングシューズやシャワー後の着替えまで。二泊三日の出張に必要な荷物くらいなら、十分に。
すべてをあるべき場所に収納出来る容量の多さ。それなのに、軽々と担げる厚みの出ないデザイン。こだわり抜いたイタリアンレザーのセレクトは勿論のこと、高密度かつ、耐久性、堅牢度に優れた鉄より強いナイロンを用いることで軽量さも視野に入れて素材を組み合わせ、ファスナー、ベルトすべてが若きアルチザンによって、軽やかに仕組まれているデザインには圧倒されてしまうに違いない。
このバッグは、本物を知り尽くした働く男のためのカジュアルバッグなのだ。

今年から、日本でも京都のフラッグショップや銀座4丁目交差点の和光のショップで手に入れることが出来るようになった。

STORE

[画像17: リンク ]

Flag-ship Store / 旗艦店-京都(富小路本店)
エリシア L'ELISIR 京都 /caede カエデ 富小路本店
〒604-8056 京都府京都市中京区高宮町(富小路通)584 富小路通錦上るcaedeビル1F.2F
営業時間:10:00−20:00(無休)

[画像18: リンク ]

Tokyo GINZA Store / 東京 (和光銀座 本館4F)
〒104-8105 東京都中央区銀座4丁目5−11
営業時間:10:30−19:00(無休)

ONLINE STORE

[画像19: リンク ]

ダビンチ ファーロオンラインストア
リンク

だが、もっと気軽な気持ちで、もっともっと日常使いしてほしい、そんなアレクサンドロの思いに応えて、ダビンチファーロは、ネット通販でも手に入るようになった。
日本国内で手に入るのは、上記の限定ショップのみ。だが、今すぐネットへアクセスするだけで、これまでは、雑誌の世界で、見るだけだったこのダビンチファーロが手元に届くのだ。この高機能バッグを仕事に遊びに、様々なシーンでガシガシ使って、人生まるごとを楽しみ抜いてほしい。世界のどこででも通用する、旅と仕事と遊びに全対応するバッグ、それがダビンチファーロなのだから。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]