logo

国際石油開発帝石株式会社のチモール海共同石油開発地域における石油等の探鉱事業の出資採択について

JOGMEC 2019年04月12日 17時40分
From PR TIMES

 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:細野 哲弘)は、国際石油開発帝石株式会社(以下、「INPEX」)の子会社であるインペックス東チモール沖石油株式会社(以下、「インペックス東チモール沖石油」)の実施する探鉱事業について、出資対象として採択しました。



 インペックス東チモール沖石油は、東チモール民主共和国とオーストラリア連邦により共同管理されているチモール海共同石油開発地域(Joint Petroleum Development Area:JPDA)の11-106鉱区に35.47%権益を保有しています。本鉱区のオペレーターはEni社(権益40.53%)で、残りの24%は東チモール民主共和国国営石油会社であるTIMOR GAP社の子会社が保有しています。

 JOGMECはインペックス東チモール沖石油が負担する探鉱事業費の50%を上限に同社に対して出資を行う予定です。

 本プロジェクト成功の際には、我が国の石油供給源の多角化に一層寄与するものと見込まれます。また、JOGMECの本プロジェクトへの支援により、INPEXのアジア・オセアニア地域のポートフォリオの一層の充実に寄与することが期待され、同社がオペレーターとして事業を推進する豪州イクシスLNGプロジェクト(JOGMEC債務保証対象)やインドネシアアバディLNGプロジェクト(JOGMEC出資対象)等の周辺プロジェクトと相まって、同社の事業展開の更なる拡大が期待されます。

■出資先会社の概要
[表1: リンク ]



■鉱区名
 チモール海共同石油開発地域(JPDA)11-106鉱区

■権益保有比率権益保有比率
[表2: リンク ]



■採択の内容

[表3: リンク ]



【参考:鉱区位置図】

[画像: リンク ]


→全文を読む
リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]