logo

シリーズ生誕25周年を迎えるライトノベルの金字塔、「魔術士オーフェンはぐれ旅」が舞台化決定!!

株式会社style office 2019年04月12日 12時00分
From PR TIMES

2019年8月、11月に2作連続上演決定!

8月公演は『我が呼び声に応えよ獣』のストーリーをベースに上演



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

1994年の第一巻が刊行以降、様々なシリーズが発表され、累計1,200万部を突破した秋田禎信によるライトノベル『魔術士オーフェン』の舞台化が決定した。




『魔術士オーフェン』は1998年と1999年に、二度にわたりアニメ化され、現在も様々な作品のコミカライズが連載されるなど、熱狂的なファンを生み続けるハイ・ファンタジー作品。25周年を記念して、昨年末に新たにアニメ化が発表されている。

舞台版『魔術士オーフェン』は8月と11月に続けての上演が決まっており、上演期間は8月15日(木)~18日(日)(会場:新宿村LIVE)、11月7日(木)~12日(火)(会場:六行会ホール)を予定している。8月に関しては『我が呼び声に応えよ獣』のストーリーをベースに上演を予定。

詳細は後日発表予定。

【本作で脚本を担当する吉田武寛と演出を担当する松多壱岱よりコメント】
■脚本:吉田武寛
中学生の頃、人生で初めて自分でお金を出して集めた小説。
それが「魔術士オーフェン」シリーズでした。
オーフェンに出会わなければ、こうして今のように演劇の仕事に出会うこともなかったかもしれません……。
そんな自分の人生に多大な影響を与えた作品の舞台化にこうして関われることを心から嬉しく思います。
舞台ならではの見せ方で、オーフェンの魅力を表現できるよう尽力いたします。
劇場でお待ちしております。

■演出:松多壱岱
オーフェン25周年おめでとうございます。
その区切りの年に、歴史ある名作の舞台化を手がけられること、大変感激しております。
原作の世界観を、舞台ならではのダイナミックな表現で、その世界に息を吹き込む役者達と共に創り上げていきます。
8月と11月でのシリーズ上演ですが、それ以降も続き愛される「舞台オーフェン」にしていきたく思います。


【公演概要】
■8月公演
<会場>新宿村LIVE(〒169-0074東京都新宿区北新宿2-1-2新宿村CENTRAL地下2階)
<上演期間>2019 年8月15 日(木)~18 日(日)

■11月公演
<会場>六行会ホール(〒140-0001 東京都品川区北品川2-32-3)
<上演期間>2019年11月7日(火)~12日(日)

■スタッフ
原作:秋田禎信『魔術士オーフェン』(TOブックス)、イラスト:草河遊也
脚本:吉田武寛 演出:松多壱岱
主催:舞台『魔術士オーフェン』製作委員会(style office/ILLUMINUS/ASSH)
(C)秋田禎信/TOブックス/舞台『魔術士オーフェン』製作委員会

【公式Twitter】
@orphen_stage(リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]