logo

オリンピック・パラリンピック等経済界協議会がパラリンピック500日前、2020年にむけたビジョンムービー「レガシー」を公開!

オリンピック・パラリンピック等経済界協議会 2019年04月12日 13時40分
From PR TIMES

業界・業種の枠を超えた企業人メンバーも総出演!

オリンピック・パラリンピック等経済界協議会(会長:豊田章男)は、パラリンピック500日前、2019年4月12日(金)より「2020年とその先のレガシー」をテーマにしたビジョンムービーを公開します。本協議会は、全国約4万人の企業人たちが様々な活動に参加し、オールジャパンとなって、2020年東京オリンピック・パラリンピックの盛り上げとレガシーづくりをおこなっています。ビジョンムービーは、企業の壁を超え、日本中がひとつになってレガシーをつくる様子を、競技会場に協議会メンバーが集まってくるというストーリーで表現しています。撮影は、俳優陣に加えて、実際の協議会参画企業の社員たちが参加しておこなわれました。




[動画: リンク ]


● ビジョンムービーのストーリー
ビジョンムービーのテーマは「レガシー」。1964年東京オリンピックで残されたレガシーを回想するところからストーリーがはじまります。様々な年代の5人の男女が、各々が考えるレガシーを語りながら、走りはじめます。「レガシーは目に見えるものだけじゃない。語り継がれる思い出も、夢を追いかけた時間だって、レガシーだ」と。そして、5人を追いかけるように、協議会メンバーが次々と競技会場に入ってきます。「企業や地域を超えて、日本中がつながれば、不可能なことなんてないはずだ」とひとつになった協議会メンバー。最後に競技会場に入ってくるのは、 レガシーを受け継ぎ、未来へそのタスキをつないでいく、ひとりの子ども。和田琢磨・藤間爽子・福山康平など、映画や舞台で活躍する注目の若手俳優陣も出演した、2020年への祝祭感と勢い溢れる映像になっています。


●WEB FILM オリンピック・パラリンピック等経済界協議会 ビジョンムービー「レガシー」カット

[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]

[画像6: リンク ]

[画像7: リンク ]

[画像8: リンク ]

[画像9: リンク ]


●オリンピック・パラリンピック等経済界協議会とは
オリンピック・パラリンピック等経済界協議会(WEB:リンク)は、経団連・商工会議所・経済同友会を中心に全国の企業が自治体等と力を合わせ、オールジャパンとなって東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の盛り上げと、その先の未来、レガシーをつくるために結成された団体です。現在は約100社超の企業が参画し、「すべての人が、スポーツを楽しむことができる文化と機会をつくる」「誰もがバリアを感じない、共生社会をつくる」「日本の魅力を発信し、全国の賑わいをつくる」「復興にむけて、日本の未来を牽引する次世代育成のモデルをつくる」「技術立国日本の発信を通じて、新たな価値観・社会像をつくる」の5つの柱を軸に、様々な活動をおこなっています。Toward & Beyond 2020をビジョンに掲げ、これからも未来の子どもたちのためにレガシーをつくっていきます。

[画像10: リンク ]

[画像11: リンク ]

[画像12: リンク ]

[画像13: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]