logo

一般にはあまり知られてこなかった皇位継承の通史を「歴史の山川」が刊行!202年ぶりの「譲位」を迎えるこの春 必読の一冊!

株式会社山川出版社 2019年04月12日 10時05分
From PR TIMES

歴史と教科書の山川出版社は、2019年4月12日(金)に新刊『皇位継承 ~歴史をふりかえり 変化を見定める~』を刊行いたします。

【皇位継承の変遷から何が見える?】
象徴天皇となって以来、初めての譲位(退位)となる平成から次の時代への皇位継承。それは歴史を俯瞰して見た時にどのようなものとして捉えられるのだろうか?歴代の皇位継承を歴史学の視点から客観的かつ網羅的に解説。この一冊で古代から現代までが一望できる!

【この本の特徴】
1.古代・中世・近世・近代それぞれの時代にどのような継承が行われてきたか、さまざまな事例から各時代の特徴や変化のようすが分かります。
2.皇位継承をめぐる課題は、古代から現代まで繰り返し検討され試行錯誤されてきたことが分かります。私たちが、これからの皇位継承や天皇制を考える参考となる内容です。
3.第一線の研究者による、客観的で信頼できる記述が特徴です。



[画像1: リンク ]




本書の内容より

今回の代替わりで202年ぶりに復活する「譲位」は、実は前近代の皇位継承ではむしろ一般的な方式であった。ただし、その形態や意味するところは時代によってさまざまであった。

【古代】
「譲位」は円滑な皇位継承に一定の役割を果たした。
【中世】
有利な皇位継承を実現する手段として「譲位」は利用された。
【近世】
「譲位」にも武家政権の合意が必要になった。
【近代】
一転して「譲位」は認められなくなったが、2019年に復活。

その他にも、皇子がいない場合はどうしたのか、経済的な理由で皇位継承に支障をきたした時代があった…など、皇位継承にまつわる興味深いトピックスが満載です!


WEBでの取り組み

山川出版社が運営するWebメディア『HISTORIST(ヒストリスト)』では、皇位継承のビジュアルコンテンツも公開しています。
リンク
[画像2: リンク ]

また、ヒストリストのFacebook、Instagram公式アカウントでは、皇位継承の動画再生回数が5万回を突破しました!

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]