logo

武蔵野大学と産学連携に関する基本協定を締結

株式会社インテージホールディングス 2019年04月11日 13時00分
From PR TIMES

産学連携によるデータサイエンティストの育成に貢献



株式会社インテージホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石塚純晃、以下インテージグループ)は4月1日、武蔵野大学(本部:東京都江東区、学長:西本照真)と「産学連携に関する包括協定書」を締結しました。

[画像: リンク ]


武蔵野大学はこの4月にデータサイエンス学部を開設し、ビッグデータとAI技術によりイノベーションを起こすビジネス力を持った人材の育成を目指しています。
この提携によりインテージグループは、保有する多種多様なデータや活用の知見を同大学に提供し、学生が実践的なデータ分析やビジネスに触れる機会をつくり、データサイエンティストの育成に取り組みます。加えて、双方が持つ人的・物的資源を活用した共同研究など、産学連携で新しいソリューションを構築することも検討しています。
インテージグループとデータサイエンス学部を持つ同大学との連携は、公立大学横浜市立大学、国立大学法人滋賀大学に続き三校目になります。
今後も、データサイエンス分野や学生教育への貢献にとどまらず、データの利活用におけるイニシアティブを取るために産官学連携を積極的に進め、先端技術の研究・応用による新しい事業の創出を目指します。

【株式会社インテージホールディングス】 リンク
インテージグループは、1960年に市場調査の専門機関として創業して以来、マーケティングリサーチを中核に、ビジネスインテリジェンス事業やヘルスケア領域の情報サービスを展開する、極めてユニークな企業グループを形成しています。株式会社インテージホールディングスは、グループ各社が保有する情報やシステムに関する専門性を背景に、お客様と生活者をつなぐ架け橋として、豊かで可能性の広がる社会の創造をめざしています。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社インテージホールディングス
経営企画部 コーポレートコミュニケーショングループ
担当:佐藤(さとう)、橋本(はしもと)
TEL:03-5294-8314
メール:pr-intagegroup@intage.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]