logo

GW10連休の混雑に”店舗増設” で緊急対応 下北沢のボードゲームカフェ

株式会社ピチカートデザイン 2019年04月11日 13時20分
From PR TIMES

店舗面積を増やす力技

株式会社ピチカートデザイン(代表取締役:白坂翔、所在地:東京都豊島区)は2019年4月27日~5月6日の期間中、世界中のボードゲームで遊べるカフェ「JELLY JELLY CAFE 下北沢店」を現在の店舗から徒歩2分の場所に一部屋増設いたします。

混雑の予想されるゴールデンウィーク10連休期間中であっても、より多くのお客様にボードゲームを楽しんでいただけましたら幸いです。




JELLY JELLY CAFE 下北沢店:現店舗概要


[画像1: リンク ]

リンク
■住所:東京都世田谷区北沢2-11-3-202
■アクセス:下北沢駅南口から徒歩1分
■電話番号:03-6805-2181(営業時間内のみの受付)
■営業時間:13:00~23:00
■定休日:不定休
■平均予算:1,500~2,000円
■その他:食べ物のみ持ち込み自由、途中退出自由、Wi-Fi・電源を自由にご利用いただけます

<混雑状況>
土日祝日は連日常に満席状態。GWはさらなる混雑が予想されます。GW期間中はご予約をおすすめしております。


増設店舗概要


[画像2: リンク ]


■期間:2019年4月27日(土)~5月6日(日)
■住所:東京都世田谷区北沢2-32-3 2F
■アクセス:下北沢駅東口から徒歩45秒、 JELLY JELLY CAFE下北沢店(現店舗)から徒歩2分
■営業時間:13:00~23:00
※増設店舗はペットボトルでのドリンク提供となります。
※増設店舗は常設ゲーム種類が少ないので、お客様にヒアリングを行いおすすめのゲームをお持ちします。


ボードゲームとは?

駒、カード、さいころ、チップなどをプレーヤーが実際に動かして遊ぶゲームの総称で、アナログゲーム、非電源ゲームとも呼ばれる。テレビゲームやコンピュータ・ゲームに対して、盤を囲んで楽しむゲームをさす。

ヨーロッパでは子供だけでなく大人の遊びとして嗜まれている。2014年のドイツのボードゲームサイトspielboxの新作リスト(Tabelle der Neuheiten)によると、世界では1年に1000タイトル以上の新作が発売されている。

近年日本でも、複数のプレーヤーがリアルにコミュニケーションをとりながら一緒に遊ぶというアナログな楽しさが再認識され、社会のデジタル化が進む一方で子供から大人まで幅広く人気を集めている。

昨年開催された日本最大級のアナログゲームイベント「ゲームマーケット2018秋」は、2日間で2万2000人が集まる盛況。また、店内にさまざまなボードゲームをそろえて、その場で遊べる「ボードゲームカフェ」も全国に300軒以上ありその数を増やしている。


JELLY JELLY CAFEについて

世界中のボードゲームを誰でも手軽にいつでも遊べる”ボードゲームカフェ”として2011年9月に一号店渋谷店がオープン。その後拡大を続け、2019年2月現在は東京を中心に関東、名古屋、福岡で11店舗を展開。ボードゲーム初心者の方からヘビーなボードゲームファンまで年間のべ8万5千人以上が来店。

ウェブサイト:リンク


株式会社ピチカートデザインについて

”人と人をゲームでつなぐ”を理念に、全国11店舗で展開するボードゲームカフェ「JELLY JELLY CAFE」の運営や 「JELLY JELLY GAMES」ブランドでのオリジナルゲーム製造、通販サイト「JELLY」で世界中のボードゲーム販売などの事業を行う。

本社所在地:〒170-0013 豊島区東池袋3-13-7 池三ビル5階
ウェブサイト: リンク


【本件に関するお問合せ先】
株式会社ピチカートデザイン
広報担当:尾木
pr@pizzdesign.com

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]