logo

2025年大阪・関西万博に向けて、関西の企業にPR力を!大阪府認定職業訓練「広報PR基礎講座」6月7日(金)開講

一般社団法人地方PR機構 2019年04月11日 13時00分
From PR TIMES

~未曾有の情報化社会を生き抜くために、企業にはPRに精通した人材が必要です~

地方PRを普及する、一般社団法人 地方PR機構は、2025年大阪・関西万博に向けて、関西の企業にお勤めの方々にPRの専門技能を習得してもらうために、職業能力開発促進法に基づく大阪府認定職業訓練「広報PR基礎講座」を、6月7日(金)より、大阪梅田のハービスプラザ5階6階のセミナールームにて開講いたします。



 地方PRを普及する、一般社団法人 地方PR機構(本部:大阪市中央区/代表理事:殿村美樹)はこのたび、2025年大阪・関西万博に向けて、関西の企業にお勤めの方々にPRの専門技能を習得してもらうために、職業能力開発促進法に基づく大阪府認定職業訓練「広報PR基礎講座」を、6月7日(金)より、大阪梅田のハービスプラザ5階6階のセミナールームにて開講いたします。

 なお、広報・PRに関わる認定職業訓練は全国的に見ても珍しい取り組みとなります。またインターネット等の影響で情報があふれる昨今、企業にはPRに精通した人材は必須であり、特に企業の未来を担う従業員が正しいPRの知識を習得することは、未曾有の情報化社会を生き抜く上で、今後ますます重要になってくると考えられます。

 一般社団法人 地方PR機構は、地方と文化PRに特化したPR会社・株式会社TMオフィス(本社:大阪市中央区/代表取締役:殿村美樹)が今年創業30周年を迎えたことを機に設立したPR教育組織で、代表の殿村美樹は「うどん県」(香川県様)や「今年の漢字」(日本漢字能力検定協会様)のPR戦略など約3,000件の地方PR実績を持ち、「国民的ブームの仕掛け人」とも呼ばれています。

 殿村のPRノウハウは、世界標準のPR理論をベースに実際の現場で得た地方PRの応用を効かせた独自のもので、その有用性については各界の専門家に高い評価をいただいており、2008年から関西大学社会学部「広報論」として、2015年からは同志社大学大学院ビジネス研究科MBAプログラム「地域ブランド戦略」として伝授する場をいただいております。

 今回、開講する「広報PR基礎講座」は、殿村が関西大学と同志社大学大学院ビジネス研究科で教えているPR理論に、地方で全国的知名度とブランドを得る実践的ノウハウを加えた独自のプログラムで、今年3月13日、大阪府に職業能力開発促進法に基づく職業訓練として認定をいただきました。

 当機構はこの講座を1st ステップと位置づけ、修了者には個別にPRプランを立案するゼミや、実践に役立つPRサポートなど段階的なプログラムを用意することで、2025年大阪・関西万博には関西がボトムアップで活気づくよう微力ながら全力を尽くす所存です。以下に講座の概要をお知らせします。
[画像1: リンク ]

大阪府認定職業訓練「広報PR基礎講座」概要
◆正式名称 職業能力開発促進法第24条第1項の規定に基づく大阪府認定職業訓練「広報PR基礎講座」
当講座で習得できる8つの知識と技術
1. マーケティング基礎知識
2. ブランディング基礎知識
3. 危機管理広報基礎知識
4. ネットPR基礎知識
5. プレスリリース作成技能
6. キャッチフレーズ作成技能
7. メディアプロモーション技能
8. 地方から全国的知名度を上げるノウハウとメソッド
訓練修了者には、職業能力開発促進法に基づく修了証書を授与します。

◆講座日程 第一期:2019年6月 7日(金)~7月12日(金) 毎週金曜日 13時~16時
      第二期:2019年7月19日(金)~8月30日(金) 毎週金曜日 13時~16時
      ※8月16日(金)を除く。
◆会場 大阪梅田ハービスプラザ5階6階 セミナールーム
    〒530-0001 大阪市北区梅田2丁目5番25号 ハービスPLAZA
    アクセス:JR大阪駅、阪神梅田駅、大阪メトロ西梅田駅より徒歩6分
    大阪メトロ梅田駅より徒歩7分、阪急梅田駅より徒歩10分
◆内容 講義12時間+マスタータイム6時間 合計18時間
◆受講料 1人 150,000円(税別)
◆定員 各期40名 計80名
※受講生は原則として、企業等に雇用される従業員の方を対象としています。
◆講義内容とスケジュール
[画像2: リンク ]

《認定職業訓練とは》
事業主等が雇用する従業員に対して行う職業訓練のうち、事業主等の申請により都道府県知事が職業能力
開発促進法に定める基準に適合するものであると認定したものを「認定職業訓練」といいます。

一般社団法人 地方PR機構 概要
一般社団法人 地方PR機構は、地方と文化のPRに特化したPR会社・株式会社TMオフィスが創業30周年を迎えたことを機に、30年間で積み上げた約3,000件のPR実績における地方PRノウハウを伝授する目的に設立した組織です。
 2019年3月13日、その第一歩となる「広報PR基礎講座」に対して、大阪府より職業能力開発促進法に基づく職業訓練として認定をいただきました。初年度となる2019年度は「うどん県」や「今年の漢字」などのPRで複数の国民的ブームを生んだ代表理事・殿村美樹がメイン講師を務めます。
 なお今後、「広報PR基礎講座」受講者および当機構の主旨に賛同してくださった企業を中心に会員数を拡大し、地方PRに役立つ情報提供やイベントなど地方PR普及活動を行う予定です。

◆名称  一般社団法人 地方PR機構
◆代表者  代表理事 殿村美樹(株式会社TMオフィス 代表取締役 PRプロデューサー)
◆所在地  〒541-0046
大阪市中央区平野町4-7-7 平野町イシカワビル8階
  TEL 06-6231-5400  FAX 06-6231-4440
◆設立   2019年 1月15日
◆URL  リンク
◆大阪府認定職業訓練「広報PR基礎講座」メイン講師 代表理事・殿村美樹プロフィール
 株式会社TMオフィス代表取締役 PRプロデューサー
 内閣府 地域活性化伝道師
 関西大学社会学部「広報論」講師
 同志社大学大学院ビジネス研究科MBAプログラム「地域ブランド戦略」教員
 (公社)日本PR協会 理事

大手広告代理店でマーケティング業務を経験した後、1989年PR専門のTMオフィスを創業。
大阪を拠点に地方と文化のPRに特化した事業展開で、これまでに約3,000件のPR実績を積む。
代表的なPR実績に1993年「佐世保バーガー」1995年「今年の漢字」2007年「ひこにゃん」2011年「うどん県」など、地方発の国民的ブームが複数ある。
2019年 TMオフィス創業30周年を機に地方PRノウハウの公開を決め、一般社団法人 地方PR機構を設立し 代表理事に就任。
2025年大阪・関西万博に向けて関西の企業にPR力をつけてもらう目的で、ベース理論をまとめた「広報PR基礎講座」に対して、大阪府より職業能力促進法に基づく職業訓練の認定をいただき、メイン講師に就任。 
著書 「ブームをつくる 人がみずから動く仕組み」(集英社新書)
「テレビが飛びつくPR」(ダイヤモンド社)
「売れないものを売るズラシの手法」(青春出版社) など

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]