logo

今年で創刊35周年 オフィスで読まれる「シティリビング」がさらに読みやすくリニューアル

サンケイリビング新聞社 2019年04月10日 12時40分
From PR TIMES

 サンケイリビング新聞社(東京都千代田区、代表取締役社長 田中則昭)が発行する、オフィスで働く女性のための情報紙「シティリビング」は、創刊35周年を機に4月12日号(4月10,11配布)からリニューアルしました。「シティリビング」創刊から続く“オフィスに届き、そこで働く女性たちに読まれる”という最大の特徴は継続しつつ、より読者自身の働くということに前向きに向き合い、同僚とのコミュニケーションのきっかけにもなる楽しい情報を届けます。



◇リニューアルのポイント

・ロゴ
ひとつひとつの文字に個性をもたせ、働く女性の多様性をイメージしたロゴに刷新しました。

・キャッチコピー 「ふわり自由に、したたかに」
女性活躍推進や働き方改革で、働く女性のこころは揺れ動いています。「このままでいいんだろうか?」「この仕事、向いてないかもしれない」…
シティリビングという窓から情報を得て、押し寄せる荒波を、ふわりと軽やかに、そして、タフに乗り切ってほしいという思いを込めています。

・デザイン 「出会い」をつくる、読みやすい紙面に
これまでの縦組み(縦書き)から横組み(横書き)へ、記事・広告ともに文字量を減らし、仕事の合間にサクサク読めるボリュームに。
原稿サイズを1/8頁単位にし、レイアウトをすっきり、読みやすくしました。

・広告料金
段単価での料金設定を廃止し、1/8頁単位の料金設定でわかりやすく、使いやすい料金に再設定しました。

・新たなプロジェクトも始動
オフィスで読まれるメディアとして、働く女性を一括りにせず「職種」に注目する「職プロジェクト」を始動します。
働く女性の悩みやニーズは職種や働き方によってそれぞれ違うもの。新連載「となりの職種さん」では、職種ごとのあるあるネタを紹介したり、座談会でぶっちゃけトークを展開します。
また、会社を超えて同じ職種の読者同士でつながれる読者参加型サロン「Classroom」も始動。次号4月26日号から参加者募集をスタートします。
[画像: リンク ]

■創刊    : 1984年5月
■体裁    : タブロイド版オールカラー 8ユニット
■発行部数 : 全国8エリア 600,040部
■配布場所 : 全国48,903オフィス
■配布方法 : 許可を得たオフィスへ配布 ※一部設置あり
■発行日  : 金曜付 水・木曜配布 ※エリアによって、異なる場合あり
◎紙面とあわせて、シティリビングWEBも4月10日からリニューアルしました

◇媒体資料は右記からダウンロードしていただけます。>> リンク

<本リリースに関するお問い合わせ先>
 株式会社サンケイリビング新聞社
 メディア事業本部 シティリビング事業部
 担当:菊池、永田
 TEL:03-6703-4410 FAX:03-3261-7182
 E-mail:city1@sankeiliving.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]