logo

世界を牽引する旅行検索エンジンKAYAK2019年特大ゴールデンウィーク「ひとり旅注目スポット」ランキングを発表!

KAYAK 2019年04月09日 12時40分
From PR TIMES

-1位を飾ったカナダ・バンクーバーへの航空券検索数は前年比約200%上昇、例年人気のアジア諸国を上回り、長距離旅行先が今年の注目スポットに-



[画像1: リンク ]

2019年4月9日 – 世界を牽引する旅行検索エンジンKAYAK (リンク)はこの度、KAYAK.co.jp上における航空券検索データを基にした調査を行い、その結果から前年のゴールデンウィーク期間と比較し、2019年同時期かつ渡航人数1名の航空券検索数の上昇率が高かった「ひとり旅注目スポット」ランキングを発表いたしました。

■今年のGWひとり旅は長距離旅行先への注目度が急上昇!札幌が唯一の国内旅行先としてランクイン!
【前年比検索数上昇率が高い「ひとり旅注目スポット」ランキング】
[画像2: リンク ]

「ひとり旅注目スポット」トップ10のうち欧米地域から6都市がランクインしている中、人気観光都市であるパリやニューヨーク、ロンドンを抑え、航空券検索数が約200%上昇したカナダ・バンクーバーがランキングの1位を飾っています。10連休に恵まれる特大ゴールデンウィークの影響もあり、今年ひとり旅に出る日本人旅行者の間では短距離で比較的訪れやすいアジア諸国よりも、普段はなかなか行きづらい長距離旅行先への注目度が高くなっていることが判明しました。
さらに、日本人旅行者に例年人気の韓国・ソウルよりも、韓国南部の釜山やフィリピン・マニラへの航空券検索数が高かったことから、今年のゴールデンウィークひとり旅ではお馴染みの旅行先だけではなく、近場でも新たな旅行先を開拓したい旅行者が増えていることが伺えます。なお、国内旅行先では前年比で検索数が23%上昇した札幌(北海道)が唯一ランクインしています。

■初めてのひとり旅でも、KAYAKの旅程一括管理ツール「Trips」があれば安心して気楽に!
KAYAK APAC地域総括ディレクターである山下雅弘は今回の調査データについて以下のように述べています。「本調査の結果から、今年の大型連休の影響もあり、ひとり旅を計画している日本人旅行者の間では短距離で比較的に訪れやすいアジア諸国よりも、長距離旅行先への注目度が高まっていることがわかりました。長距離旅行の場合、飛行機の乗り継ぎ回数が多かったり、複数の都市に泊まる必要があったりとスケジュール管理で悩まれる方も多いですが、KAYAKが提供する無料トラベルツール「Trips(トリップス)」を使えば予約サイトを問わず航空券、ホテル、レンタカーなどすべての予約をアプリ上でスマートに管理できます。初めてのひとり旅にも、KAYAKの無料トラベルツールを活用して、安心して気軽に旅行をお楽しみください。」
[画像3: リンク ]

*上記のデータは、2018年1月1日から2019年2月28日までの間にKAYAK.co.jp上で検索された、旅行期間が2019年4月26日から2019年5月6日のエコノミークラスの往復フライト(1人あたり)のデータを抽出したもの、および前年同時期の同データに基づいています。

KAYAKについて
KAYAK(カヤック)は、世界中の旅行者が自信をもって旅行の決断を下すことができるようお手伝いします。世界を牽引する旅行検索エンジンとして、旅行サイト各社を検索し旅行者それぞれの希望に合った航空券、ホテル、レンタカー、および航空券+ホテル(パッケージ)商品を見つけるために必要な情報を提供しています。KAYAKはBooking Holdings(NASDAQ: BKNG)の独立子会社です。さらに詳しい情報については公式サイトをご覧ください: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]