logo

ブレーキに反応し点灯調節?!究極の自転車用スマートライト「Rayo(ラヨ」を発売開始

DISCOVER株式会社 2019年04月05日 10時40分
From PR TIMES

Rayo(ラヨ)はサイクリストのためにデザインされた自転車用テールライトです。

Discover株式会社(代表取締役社長 千葉史生)は、Hauteworks Co.,Ltd.の自転車用テールライト「Rayo(ラヨ)」を、動画ショッピングサイトDISCOVER(ディスカバー)リンク にて2019年4月5日に発売開始しました。



[動画: リンク ]



■01|Rayoとは?
Rayo(ラヨ)はサイクリストのためにデザインされた自転車用テールライトです。ラヨの光学技術を適用した高輝度LEDやモーションセンサー、Bluetooth接続などの機能はユーザーのライドを安全にするだけでなく、より楽しくてスムーズにしてくれます。
[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



■02|主な機能

[画像5: リンク ]


光学設計
ラヨはLEDライトを集中させるTIR(特殊集光)レンズを採用しています。特殊集光レンズを特別にデザインしたそれぞれ3つのLEDと2つのTIRレンズの構成は後側と側面からの可視性を向上させてくれます。
[画像6: リンク ]


スマートブレーキランプ
ブレーキをかけるとラヨが自転車のスピードダウンを感知し、ブレーキランプをつけて後方に注意を喚起させます。この機能のポイントはドローンにも内臓される動きを正確に感知するアルゴリズムであります。
[画像7: リンク ]


点滅パターンカスタマイズ
各LEDライトの点滅パターンはユーザーのライドスタイルや交通状況、天候に合わせて設定を変更できます。今後は点滅パターンを追加でアップデートする予定です。
[画像8: リンク ]


日中の可視性
ラヨは最大90ルーメンで日中にも目立ちます。日中でも車やほかの自転車、道を歩いている人たちに注意を喚起させてくれます。
[画像9: リンク ]


グループLEDシンクロ
唯一無二とも言えるラヨの機能はLEDライトのシンクロです。ラヨは同行しているほかのラヨと点滅パターンをシンクロさせることが可能で、グループライドではよりグループとして目立つことが可能です。シンクロは複雑なペアリンクなしでも動作します。
[画像10: リンク ]


盗難防止アラーム
ラヨは自転車に怪しい動きや揺れを感知すると専用のアプリで盗難防止アラームで知らせてくれます。これからは自転車を停める時も、目を離すときも大切な自転車を守ってくれます。
[画像11: リンク ]



専用アプリ
ラヨの専用アプリは多数の機能を直感的に設定することが出来ます。Bluetoothでラヨとスマホを繋げるのはとても早くて簡単です。
[画像12: リンク ]


追加機能
ラヨはIPhone8とも同じレベルでIP67の防水/防塵機能を誇ります。また充電はUSBから行えるので、家、職場、モバイルバッテリーがあればどこでも充電する出来ます。
[画像13: リンク ]



■03|使用方法

[画像14: リンク ]



■04|製品仕様

[画像15: リンク ]

[画像16: リンク ]

ラヨはユーザーに安定した質の高い商品を提供するため、ドイツOSRAM社のLEDと日本の太陽誘電株式会社のbluetoothモジュールを採用しています。

[画像17: リンク ]



■05|Rayoのテクノロジー

バランスを考えた可視性
一般的なテールライトは1つのLEDを使い、近距離なら可視性はありますが、側方からの可視性は殆どありません。ラヨはそれぞれ用途が異なる三つのLEDを持っています。一つは側方を明るくし、ほかの二つは後方からの可視性を最大限生かすためビームを生成します。このようなシステムで側方と後方からバランスのよい可視性を実現しています。
[画像18: リンク ]


シンプルな設定
殆どのテールライトは決まった点滅パターンで、そのパターンを変える事が出来ないため、永遠に同じ点滅パターンしか見れません。その中では使わないパターンがあったり、好みのパターンに調節することも出来ませんでした。ラヨは自分のライド環境に合わせ、点滅パターンをカスタマイズする事が出来ます。カスタマイズすればボタンを押すだけで点滅パターンを選ぶことが出来ます。
[画像19: リンク ]

点滅パターンはこちらからご確認ください。
リンク


■06|カラーとデザイン
カーボンブラック

[画像20: リンク ]

[画像21: リンク ]


多くのテールライトは多少古いタイプのデザインですが、ラヨはデザイン賞を受賞したほどデザインにもこだわりました。ラヨの開発者自身がロードバイクに乗っていて、よりスタイリッシュなテールライトが欲しいという開発者の気持ちからラヨは生まれたました。


■07|初デザインから今まで
ラヨは2016年7月に初めてプロジェクトを開始しました。ラヨが追求するのはエレガントなデザインにハイテクのセンサーとコミュニケーションの技術を融合させ、サイクリストの安全を守ることです。サイクリストでもありエンジニアでもある開発者が初代のデザインから現在のデザインまで仕上げるために、無数の時間と努力を重ねて来ました。
[画像22: リンク ]

MWCやインターバイクなど海外の展示会とギフトショー、サイクルモードなど日本の展示会で多くのユーザから好評を頂きながら、そして沢山のご意見を製品に反映してきました。今もユーザがより満足できる、唯一無二のテールライトとして位置づけできるように頑張っております。

[画像23: リンク ]


■実行者について
(株)ヤベツジャパンは海外の空気清浄機や扇風機、アロマディフューザーなどのデザイン家電をはじめ、デザインや技術力の高い海外の中小企業様の製品を日本に紹介しております。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]