logo

業務用4Kディスプレイを用いた映像制作のワークフローを効率化 ユーザーのニーズに対応した新たなファームウエアを無償提供

キヤノンは、業務用4Kディスプレイ6製品(DP-V1710/V1711/V2410/V2411/V2420/V2421)を対象に、各種機能・性能の向上を図るファームウエア(※1)を2019年6月上旬より無償提供します。これにより、4K/HDRの映像制作におけるワークフローの効率化を実現し、映像制作現場を強力に支援します。



[画像1: リンク ]

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]


■ マルチ画面表示機能の拡充
4K/8K放送実用化の流れに伴い、映像制作現場では従来の2Kに加え、4K/8K機材の導入が進み、解像度、輝度、色域などをはじめとする異なる映像信号を同時に取り扱うケースが増えています。今回新たに提供するファームウエアにより、「DP-V1711/V2411/V2421」では、4K(6G/12G-SDI)と2K(3G/HD-SDI)の異なる映像信号を2画面または4画面で1台のディスプレイに表示できる(※2)ほか、各映像のオーディオレベルメーターの表示も可能です。また、6製品全てにおいて、波形モニターとベクトルスコープの同時表示ができるなど、マルチ画面表示機能を拡充し、撮影から映像編集までの作業における効率化や利便性の向上、機材数の削減に寄与します。

■ HDR/SDR比較表示機能の拡充
HDR化の流れに伴い、映像制作現場では、SDRとHDRなど異なる映像信号を同時に取り扱うサイマル制作が増えています。「DP-V1711/DP-V2411/DP-V2421」では、入力信号の波形モニターを表示するだけでなく、信号変換後の波形モニターも表示できるため、HDRとSDRの各波形を比較しながら、画質を正しく把握することが可能です。これにより、撮影から映像編集作業までの効率向上を図ります。

■ 映像制作のワークフローをサポートする多彩な機能
ビデオペイロードID(※3)に新たに定義されたPQ/HLGとSDR方式などの識別信号を基に、画質設定の自動切り替えが可能になります。また、撮影現場や放送スタジオなどにおいてLAN接続した複数台のディスプレイの同期ができるため、画質やチャンネル設定の一括反映が可能になります。その他、ワークフロー運用時のミス低減に寄与する警告やエラー履歴の表示など、HDR映像の制作を強力にサポートする多彩な機能を備え、撮影から映像編集作業までをサポートし、映像制作現場の負荷軽減や効率化に貢献します。

※1 製品本体を制御するためのソフトウエア。
※2 入力映像の解像度やフレームレート、伝送方式などによる表示制約あり。
※3 米国テレビ技術者協会(SMPTE)が定めるSDIに付与される補助データ。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]