logo

「地震解析ラボ」、防災必須の「全国ハザードマップ広域版」をバージョンアップしてリリース開始!GPS機能により現在地周辺のハザードマップがボーダレスで検索できます。

インフォメーションシステムズ株式会社 2019年04月03日 06時00分
From PR TIMES

4月3日水曜日、お住まい・勤務地・出張先・観光先における日々の安全安心のため、様々な防災対策に向け配信を開始いたします。



[画像1: リンク ]

インフォメーションシステムズ株式会社(本社:東京都港区 社長:平井道夫)「地震解析ラボ」は、近年、大きな自然災害が多発していますが、被害を減少させるためには「防災」を特別なものではなく、日々安全安心に過ごしていくための日常的な生活習慣にしていくことが必要ではないかと考え、さまざまな災害から身を守るハザードマップをできるだけ簡単に検索、利用できるよう4月3日水曜日、「ハザードマップ広域版」をバージョンアップしてリリースいたします。
防災は、発災時から最低でも72時間、できれば1週間を自助、共助により乗り越えることを準備する必要があります。
全国各自治体が、それぞれの地域における住民、企業、産業を守り、もし発災の際にはより被害を少なくし、速やかな復旧に繋げるために作成されましたハザードマップを、是非とも日常的な防災のツールとして活用していただきたいと検索システムを開発いたしました。「ハザードマップ広域版」は移動先において利用者の現在地周辺地域のハザードマップをGPS機能によりボーダレスで検索することができます。パソコン・スマートフォン等にてダウンロード(リンク)してご利用ください。同時に防災アプリ「地震サーチ」にも機能搭載を開始いたします。
[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

[画像5: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]