logo

「U-22プログラミング・コンテスト2019」通算40回目を迎えるコンテストの詳細発表!

一般社団法人コンピュータソフトウェア協会 2019年04月02日 10時40分
From PR TIMES

コンセプトは「待ってろ、未来。」、経済産業大臣賞受賞特典を強化

「U-22プログラミング・コンテスト」を主催するU-22プログラミング・コンテスト実行委員会は、4月1日に2019年度プログラミング・コンテスト公式Webサイトをオープンし、今年度の応募要項を公開しました。



[画像: リンク ]


公式Webサイト リンク

40周年を記念して、経済産業大臣賞の副賞を40万円に増額。さらに、大臣賞受賞者には様々な特典を用意し、更なる成長を目指すための支援を複数用意しています。また、2018年に引き続き、全国小中学生プログラミング大会と連携し、最終審査は同日・同会場で実施し、イベントなどの企画も予定しています。

2019年コンセプト → 「待ってろ、未来。」

▼経済産業大臣賞 受賞特典の一例

[表1: リンク ]


※1:「未踏事業」( リンク )は、経済産業省所管であるIPA(独立行政法人情報処理推進機構)が主宰し実施している“若い突出したIT人材の発掘と育成”を目的として、ITを活用して世の中を変えていくような、日本の天才的クリエータを発掘し育てるための事業です。
※2:「孫正義育英財団」( リンク )は、ソフトバンクグループ代表の孫正義氏が代表理事を務める公益財団法人で、財団生として認定されると、留学・研究に必要な資金支援を受けることができるほか、財団が運営する共同施設「Infinity」の利用が可能です。
※3:「Open Network Lab」( リンク )は株式会社デジタルガレージが運営する世界へ羽ばたくスタートアップを育成するアクセラレータープログラムで、これまで延べ100チームを超える起業家/エンジニアを育成・支援し、ネットワークを形成しています。

▼開催スケジュール

[表2: リンク ]


■U-22プログラミング・コンテスト概要
自らのアイデアで新しい未来を拓く、次代のITエンジニアを対象としたコンテストです。
国内の優れたIT人材の発掘・育成を目的として、1980年から経済産業省主催で開催。2014年の民間移行後は、コンテスト主旨に賛同した民間の協賛企業に支えられ、開催を継続、通算40回目を迎えます。

■U-22プログラミング・コンテスト2019実行委員会
[表3: リンク ]



■U-22プログラミング・コンテスト2019審査委員会

[表4: リンク ]


「*」は協賛企業からの審査委員

■協賛企業一覧

[表5: リンク ]



■参加資格
22歳以下(1997年4月2日生まれ以降)の者
※チーム参加の場合、メンバーの参加資格は原則上記の通り。同じ学校に所属する学生であれば、23歳以上(1997年4月1日生まれ以前)のメンバーも参加可能とするが、チームの半数以上が22歳以下で構成され、かつチームの代表者は22歳以下であることを要件とする。

■応募要項
未応募(他のコンテスト含む)のオリジナル作品であること
※過去に応募したことのある作品のうち、大幅な改変のある作品は、改変前後の比較資料を添付することで応募を受理し、その評価は審査委員会に一任します。

■その他
詳細は公式Webサイト( リンク )参照

■参考リンク
全国小中学生プログラミング大会(JJPC) リンク ※サイトリニューアルは4月上旬予定

ニュースリリース:「U-22プログラミング・コンテスト2019」通算40回目を迎えるコンテストの詳細発表!
コンセプトは「待ってろ、未来。」経済産業大臣賞受賞特典を強化。
リンク

※本件に関するお問い合わせは下記連絡先までお願い致します。
▼お問い合わせ
U-22プログラミング・コンテスト運営事務局 一般社団法人コンピュータソフトウェア協会内
〒107-0052 東京都港区赤坂1-3-6 赤坂グレースビル 担当:若生
E-mail:u22-info@csaj.jp TEL:03-6435-5991 FAX:03-3560-8441 リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]