logo

半導体産業の第一人者、渡壁 弥一郎氏が株式会社ベクトロジーの顧問に就任

株式会社ベクトロジー 2019年04月01日 09時00分
From PR TIMES

半導体産業の第一人者、渡壁 弥一郎氏が株式会社ベクトロジーの顧問に就任

2019年4月1日 神奈川県横浜発 -
FPGAコンピューティングのエキスパートである株式会社ベクトロジー(本社:神奈川県横浜市/代表取締役:篠田義一)は、半導体産業の第一人者である渡壁 弥一郎氏を、4月1日付で同社の顧問に迎えたことを発表しました。

渡壁 弥一郎氏は、1971年に三菱電機株式会社に入社し、半導体業界で多くの実績を積み、その後レーザー顕微鏡、エネルギー・環境、半導体、FPD分野で活躍するレザーテック株式会社で取締役会長として多岐に渡る業界に貢献いたしました。現在、一般社団法人半導体産業人協会 論説委員会委員長、横浜ITクラスター交流会 委員として、半導体産業の発展に尽力しております。

株式会社ベクトロジー、代表取締役社長 篠田義一のコメント
「渡壁 弥一郎氏は、長年に渡り半導体産業を支えてきた重鎮です。同氏の幅広い視野と知見により、弊社のFPGAコンピューティング開発技術をさらに半導体、金融、自動車、AIなどの分野に応用、強化していけると期待しています。」

FPGAコンピューティングについて 
FPGAは、GPUとは異なりFPGA間で大容量の通信できるため、CPU1個で大量のFPGAを多数拡張できるだけでなく、CPUとの通信によるタイムラグを最小限にできます。優れた並列性や拡張性、演算処理能力を備えたFPGAコンピューティングは、大規模データの処理やリアルタイムでの処理、設置体積や消費電力に制限がある分野に対して、特に効果を発揮いたします。

株式会社ベクトロジーについて 
ベクトロジーは主にFPGAコンピューティング、FPGAによる数値演算専シミュレーションの高速化、超微小信号アナログ/高周波アナログ、ASIC向けFPGAプロトタイピング、筐体設計・基板設計・製造・量産対応の5つの分野に特化してサービスをご提供しています。車載、医療、仮想現実、音声/画像認識、ディープラーニング等、ベクトロジーはFPGAをベースに最新のIoT事業へ貢献しています。リアルタイムで制限の多い環境下での演算処理が必要なこれらの分野にこそ、ベクトロジーのFPGAコンピューティング技術は最適と言えます。製品開発の複雑化、先進化に伴い、求められる演算処理能力のハードルはますます高くなるでしょう。ベクトロジーのFPGAコンピューティング技術が最適であることは、これまでの採用実績によって裏付けられています。

ベクトロジーに関する詳細は、リンク をご覧下さい。

【本件に関するお問い合わせ先】
■株式会社ベクトロジー 広報担当
TEL:045-471-3886
FAX:045-534-3890
email:info@vectology.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]