logo

WSLで始めるUbuntu > 第5回 パイプを使ってみよう

CTC教育サービスはコラム「WSLで始めるUbuntu > 第5回 パイプを使ってみよう」を公開しました。

###

前回は、標準入出力とリダイレクトについて述べました。 Ubuntuを始めとするLinuxおよびUNIX like OSで、標準入出力は重要なことは前回述べたとおりですが、今回はコマンド同士を連携するために使用するパイプについて述べようと思います。
パイプ
パイプとは、その名の通り標準出力からの出力を標準入力に入力する機能です。
例えば、ls -lR(ディレクトリを再帰的に検索) やfindの出力結果は、ファイル数が多いと見るのが大変ですが、パイプともにlessを使用することで楽にすべてを見ることが可能です。

この続きは以下をご覧ください
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]